Facebookをビジネスに活用するコツ

Facebookをビジネスに活用するコツ

 

こんにちは!MFファーストペンギンです。

 

こちらの記事ではFacebook広告の運用について記載していますが、今回の記事では、具体的にFacebookページをビジネスに活用するコツについてご紹介させていただきます。

 

実際にFacebookを活用してビジネスをされる方に、ぜひお役立ていただけましたら幸いです。

 

ビジネス専用Facebookページ開設しましょう

 

まず、サービス名・ブランド・商品・店舗等々、その名前のFacebookページを作りましょう。

 

個人ですと1人1カウントですが、このビジネス専用Facebookページは、職種毎に幾つでも作られます。例えば、お菓子作り教室と、アレルギー対策スイーツ、ビーガンお菓子なんて分けられるのです。

 

従来のHPなどより、カウントからして別のページが有れば、より個別化したブランディングが可能です。

 

ビジネス専用Facebookページを数人の共同運用する

 

もしそのビジネスを、数人でやっているならば、いいね!を短時間で多くゲットできます。それには、数人で共同運営としたらいいです。

 

例を挙げると、1ページを5人の共同運営としましょう。

 

それで、1人500人のFB友人がいたとしたら、2500人へ情報発信でき、いいね!が来る機会が増えるのです。

 

ビジネス専用Facebookページには広告を出せる

 

通常の個人のは無理ですが、ビジネス専用Facebookページでは、広告を出すことができます。
しかも、イベント参加申し込める広告・外部のサイトへのリンクがある広告・いいね!出来る広告等々、いろんなバージョンの広告を出すことが可能です。

 

しかも、FacebookもSNSゆえ、一般的ホームページ・掲示板とは違い、ユーザー属性が載っています。趣味・嗜好・年齢などです。だから、かなりコアな焦点を絞った広告が出来るのです。

 

さらに関心を持ったユーザーが築いた友人ネットワークにも、広告が流せます。

 

そう、相当にマニアックなマーチャンダイジングが可能なのが、ビジネス専用Facebookページ広告の、他のメディアには無い特徴です。

 

加えて嬉しい話、広告費がGoogle・Yahoo!などより安く済みます。複数で事業をして共同運営していると広告宣伝費も人数で割です。平均的に、サービスのページに対するいいね!1つを集めるのに200円程度のコストです。これが5人で割ると1人40円で済みます。

 

他の良い点は、マスコミが取り上げ易いところです。彼らだって、逐一取材に行くよりも、ネットのやり取りの方が楽ですからね。

 

会社名・サービス名よりもコンセプトをビジネス専用Facebookページ名に

 

会社名・サービス名をページ名にしてしまうと、宣伝臭さが出過ぎて、アレルギーを起こす人も在ります。そんな時、コンセプトのページ名であると、宣伝臭さがレスになって、とっつき易く、マスコミにも注目され易くなるのです。

 

ビジネス専用Facebookページはこう活用すれば良い 成功した例

 

ほとんどのビジネス専用Facebookページは、いいね!がやみくもに集まっただけで、受注につながっていません。

 

そこで、成功した例を見てみましょう。

 

ビジネス専用Facebookページは、事業のコンセプトを、そのまま名前にしましょう。

 

例えば、「すっぴん会」として、お化粧しなくてもキレイな肌になれる、コラーゲンドリンクを売ったり、吸収性の優れた化粧水を売ったりします。

 

また、「商店街活性化請負人」は、5人のコンサルタントが、それぞれの専門の技能を提供。シャッター通りだったお店を幾つか復活させています。

 

「いつでもどこでも受験生」では、有名大学の学生が何人か集まり、好きな時・場所で、大手予備校レベルの受験テクニックが学べるサービスを提供しています。

 

ページへいいね!を速攻押し、連続して申し込みたいビジネス専用Facebookページです。

 

サービス名だけでしたら、?ですが、事業のコンセプトでしたら、明白にアクションしたくなりますよね。

 

いいね!から申し込みたくなるコンセプトとは?

 

コンセプトが、大事。でも、どうすれば良いでしょう?

 

そもそも、いいね!をして申し込みするには、関心やお困りのモノを解決してくれると、期待できるからです。

 

ですから、多くの人が何に困っているか?それを自らのサービスがどう解決するか?常時、マーケティングリサーチのアンテナを張っておきましょう。

 

コンセプト作成にFacebookが提供の解析ツールを使う

 

Facebookが提供している解析ツールがあります。
条件としては、30人以上のファン=いいね!してくれた人があるFacebookページ限定で、無料で見られます。その解析する項目は、けっこう多角的です。

 

ユーザー属性・流入元は、考えられますが、投稿ごとの反応率・いいね!数の推移等々、要る項目は、全てと言う程網羅しています。

 

ですから、ビジネス専用facebookページへ、投稿したり、コミュニティに呼びかけたり、これと言うユーザーをフォローする、などなど十二分に活用が出来ます。

 

これだけやれば、顧客数も、随分変わってくるでしょう。

 

まとめ

まとめ

 

いかがでしょうか?Facebookページの活用について、少しはイメージが湧きましたでしょうか?

 

Facebookページって、何だかハードル高そうだけど、やってみると実はそうでもないと思っていただけたら幸いです。

 

私も、数年前にイベント告知の際にFacebook広告を出し、何名かの方を呼び込むことに成功しました。

 

趣味・嗜好・年齢などで、コアな焦点を絞った広告を出すことが可能なのも、Facebook広告ならではの特徴です。広告費も、Google・Yahoo!などより安く済むのが嬉しいですね!

 

いずれにせよ、お客様に対し、正しい情報を発信していくことが大事です。このことを忘れないようにしましょう!

 

皆様が、Facebook広告をうまく活用され、ビジネスに成功されることを心から祈っています。

 

MFファーストペンギンのプロフィールはこちら↓↓↓

 

にほんブログ村 ネットブログへ
にほんブログ村

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA