【ツイッター】タイムラインが表示される仕組みとは?

【ツイッター】タイムラインが表示される仕組みとは?

 

ツイッターを利用する人々の大半が、ツイッターのタイムラインを閲覧するために利用しているかと思います。

 

では、普段から見ているツイッターのタイムラインとはどのような仕組みで表示されているのでしょうか?

 

今回は、ツイッターのタイムラインの表示の仕組みについて詳しく調べていきます。

 

 

目次

ツイッターのタイムラインはどのような仕組みで表示されるのか?

ツイッターのタイムラインはどのような仕組みで表示されるのか?

 

ツイッターのタイムラインには、自分がフォローしているアカウントのツイートが表示されます。

 

タイムラインに流れているツイートは「いいね」「リツイート」「返信」ができます。

 

しかし、フォローしていないアカウントのツイートも表示されることもあります。

 

自身がフォローしているアカウント先が第三者のツイートをリツイートやいいねすると、自身のタイムラインにも表示されるようになります。

 

ですので、急に自身の知らないアカウントのツイートが流れてくることになるのです。

 

時系列に表示させる方法

 

時系列に表示させる方法

 

初期設定では、上記画像の通りツイートは時系列順に並んでいます。

 

つまり、タイムラインで新しいものから古いものへと順番にツイートが表示されていることになるのです。

 

トップツイートを一番上に表示させる方法

トップツイートを一番上に表示させる方法

 

上記画像の通り、重要な新着ツイートは、「トップツイート」としてタイムラインの一番上に表示されます。

 

自身の「いいね」「リツイート」等から関連性のあるものが表示されます。

 

トップツイートは切り替え変更が可能で、AndroidやiPhoneでツイッターを開くと、右上にキラキラしたマークが現れるかと思います。

 

そこを押してみると、現在のタイムラインで「トップツイート」が一番上に表示されるようになっているのか「最新のツイート」が一番上に表示されるようになっているのか、確認、変更が可能です。

 

プロモーションツイートを非表示にする方法

 

トップツイートを一番上に表示させる方法

 

タイムラインを眺めていると、何件か広告ツイートが表示されることがあると思います。

 

この広告のツイートはツイッター社から発信されているのもなので、ツイッターを利用している限りは非表示にすることができません。

 

しかし、一時的に消したり、同じ広告が表示されないようにすることは可能です。

 

広告のツイートを一時的に非表示するには、上記画像の通り、ツイート内容の下に記載されている「プロモーション」を押すと「このツイートを非表示にしますか?」と表示されますので、その手順に沿って非表示にできます。

 

まとめ

まとめ

 

今回はツイッターを利用するうえで大事な「タイムライン」について詳しく解説しました。

 

ツイッターには、自分が使いやすいよう、見やすいようにタイムラインの表示を変更できる設定がたくさんあるので、是非色々試してみてください。

 

ツイッターのタイムラインをうまく表示設定することにより、あなたがツイッターを快適に楽しんでいかれることを心から祈っています。

 

ツイッター運用コンサルの詳細記事はこちら↓↓↓

 

にほんブログ村 ネットブログ Twitterへ
にほんブログ村

 

Follow me!

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

この記事を書いた人

ツイッター運用コンサルタント。正しい情報発信のあり方を伝える専門家。親切・丁寧な指導に定評あり。

かつて、ツイッター上でのトラブルにより、1000フォロワー目前だった以前のアカウントを消去する。

しかし、ツイッターの運用方法を改めて学んだ結果、その後再開設したアカウントにて、わずか2か月後に1000フォロワーを超え、以降1か月でフォロワーが約1000人ずつ増となる。

2018年12月より、自身の原体験に基づき、ツイッター運用コンサルタントとして活動を開始。

「1週間でフォロワーが100以上増えた」、「ツイッターから、自分が経営するヘッドスパサロンへの来店に繋がった」など、多数の素晴らしい成果を出された方々を輩出するまでとなる。

SNS上でのいじめや誹謗中傷をなくすべく、正しい情報リテラシー及びコミュニケーションの本質を伝えることを使命に、ツイッター運用コンサルタントとしての活動に従事している。


■メディア掲載実績:日経ウーマン2019年12月号、『THE GO-GIVER』公式サイト インタビュー記事

■ミッション:情報発信を通じ、一人一人が自由闊達に想いを伝え、違いを認め合う社会を創る。

■ビジョン:正しい情報リテラシーを身に着け、時代の変化に対応できる人材を輩出。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる