オンラインサロンを運営する4つのメリットとは?

オンラインサロンを運営する4つのメリットとは?

こんにちは!ツイッター運用コンサルタントのフルカワマリ(@mfparallel)です。

私が運営するオンラインサロン「冒険の書」開設から、はや1ヶ月が経過しました。

前回記事の更新以来、続々とメンバーさんが加入され、本日現在7名となりました。

爆伸びとまではいきませんが、おかげさまで割と幸先の良いスタートが切れていると思います。

目次

オンラインサロン運営の4つのメリット

自分としては、まさかここまで割と順調にいくとは思っていなかったので、本当にありがたいことです。

「なんだか楽しそうだから」と、ご入会下さった方もいらっしゃいます。

それを聞いて、涙が出るほどうれしかったです。

そこで、今回の記事では、オンラインサロン運営1か月を経過した時点で私が思うところの、オンラインサロンを運営する4つのメリットについてお伝えします。

①定額課金である

「定額課金であること」

これが、オンラインサロン運営の一番のメリットであると、私は考えます。

再三お伝えしている通り、これまでの私の事業形態は、コンサルや講座開催をワンオペで行っている状態です。

ですので、私がコケてしまったら一発でおしまいです。そうすると、収入はゼロですね。

なので、定額課金は魅力的だなとはずっと考えていました。

もちろん、すぐにまとまった収入になるほどオンラインサロンの運営は甘くはないのは、重々承知しています。実際、現状は手探りで運営中です。

しかし、オンラインサロン運営により、固定収入(のようなもの)を得ることができたら、近い将来起業した際、収入的にはだいぶ楽になるのではないかと思いました。

ですので、これから副業や起業をお考えの方は、オンラインサロンの運営も選択肢の一つとしてオススメします!

②誰でも簡単にオーナーになれる

「オンラインサロンの運営って、成功するのは一部の有名人だけでしょ?」

実は私もそのように考えていました。

有名どころでいうと、西野亮廣さんや堀江貴文さん、中田敦彦さんのサロンですよね。

実際、私も西野亮廣さんが運営するオンラインサロンに入っています。

その他にも、これまでブログのオンラインサロンにも入っていたことがあります。

その当時のオーナーさんが物凄くマメな方だったので、いざ自分が運営となると、その方と同じようにできるのかという不安がありました。

でも、そもそも私はその方とは違うので、良いところは見習いつつも、その方と同じことをする必要は全くないわけですね。

ましてや、有名人の方のオンラインサロンのように、何千も何万人もの規模にするつもりは全くありません。

目標としては、2021年7月までに100人のメンバーさんの規模のオンラインサロンにはしたいと思っています。

だったら、そんなに多くを望まなければ、私のような素人でも簡単にサロンオーナーになることができたので、みなさんが思われているほどのハードルは高くないのかなと思います。だとしたら、やらない理由はないですよね。

③リアル店舗運営より、経費が少なくて済む

私が思うに、オンラインサロンとは「ネット上の店舗」かなというところです。

つまり、インターネットという仮想空間に、それぞれが違った特徴を持つ店舗が立ち並んでいるといったイメージですね。

リアル店舗の最大の違いは、経費なのではないでしょうか。

実際にリアル店舗を経営するとなると、莫大な費用が掛かります。また、ある程度の規模や条件に沿った場所を必要とします。

それに対し、オンラインサロンの運営の場合、経費としてはインターネットの接続料やプラットフォームの利用料だけで済みます。だから、せいぜい多くとも月数万円程度の経費で済みます。

それに、パソコンやスマホがあれば、オンラインサロンは開設できてしまうので、どこかの物件を借りる必要もありません。

ですので、②の項目で記載した通り、オンラインサロン開設と運営のハードルは、リアル店舗経営に比べたらそれほど高くないので、誰でも簡単にオーナーになれるのかなと思います。

④コロナ禍の昨今こそ、追い風である

昨今のコロナ禍により、リアルでイベントを開催することが難しくなりました。それに伴い、私の講座は基本オンライン開催となりました。

だからこそ、オンラインサロン運営は今の時流に合ってるのかなと思います。

なぜならば、メンバーさんとのやり取りはメッセージ機能付きのアプリなどで完結しますし、場合によってはZoomで対応できます。

また、オンラインイベントの開催も可能なわけです。オンラインだとソーシャルディスタンスを配慮する必要がないので、コロナ感染のリスクはゼロですね。であれば、今はまさにオンラインサロン運営にとって、追い風なのではないでしょうか。

オンラインサロン運営のデメリットは何か?

これまでのところ、私見としてのオンラインサロン運営の4つメリットを挙げさせていただきました。

今まで都合の良いことばかり書いてきましたけれども、ここで敢えてデメリットがあるとするならば、私は「人間関係」だと思います。

というのは、オンラインサロンやコミュニティは、「人の集まり」だからです。

だから、当然相性が悪い方とか、価値観が合わない方も入ってくることでしょう。

今からちょうど2年前、私はコミュニティで大失敗をし、傷つきました。その当時の痛手は今もなお残っています。

ですので、当時の敗北感や悔しさが、オンラインサロン運営のきっかけの一つとなったといっても過言ではありません。

また、オンラインサロン運営にあたり、明確な指針を定めたため、それに見合った方が集まってくると予測しています。

現状のメンバーさんもまさにその通りです。

私自身も既存のメンバーさんから刺激を受けているので、今はむしろプラスに働いています。

とはいえ、オンラインサロンのオーナーとして、メンバーさんをまとめるという仕事は避けて通ることができないので、心して取り組みます。

まとめ

いかがでしょうか?

ツイッターサロン『冒険の書』は、まだまだ卵から殻を破ったばかりの生まれたてのひよこです。

ドラゴンクエストで言うと、「冒険の書」が始まったばかりのレベル1といったところです。

もっというと、私自身もオンラインサロン運営者としては、まだまだレベル1です。

なので、ツイッターを伸ばしていかれたい方はもちろん、私たちと一緒にサロンのレベルを上げていかれたい方のご加入を心から歓迎いたしますm(__)m

 

■ツイッターサロン『冒険の書』の詳細はこちら↓

 

■オンラインサロンの開設から運営を学ぶならこちら↓

 

■フルカワマリのプロフィール

Follow me!

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

ツイッター運用コンサルタント。正しい情報発信のあり方を伝える専門家。親切・丁寧な指導に定評あり。

かつて、ツイッター上でのトラブルにより、1000フォロワー目前だった以前のアカウントを消去する。

しかし、ツイッターの運用方法を改めて学んだ結果、その後再開設したアカウントにて、わずか2か月後に1000フォロワーを超え、以降1か月でフォロワーが約1000人ずつ増となる。

2018年12月より、自身の原体験に基づき、ツイッター運用コンサルタントとして活動を開始。

「1週間でフォロワーが100以上増えた」、「ツイッターから、自分が経営するヘッドスパサロンへの来店に繋がった」など、多数の素晴らしい成果を出された方々を輩出するまでとなる。

SNS上でのいじめや誹謗中傷をなくすべく、正しい情報リテラシー及びコミュニケーションの本質を伝えることを使命に、ツイッター運用コンサルタントとしての活動に従事している。


■メディア掲載実績:日経ウーマン2019年12月号、『THE GO-GIVER』公式サイト インタビュー記事

■ミッション:情報発信を通じ、一人一人が自由闊達に想いを伝え、違いを認め合う社会を創る。

■ビジョン:正しい情報リテラシーを身に着け、時代の変化に対応できる人材を輩出。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる