【ツイッター 】リツイート機能がもたらす影響とは?

【ツイッター 】リツイート機能がもたらす影響とは?

ツイッター運用コンサルタントのフルカワマリ(@mfparallel)です。

2020年10月9日、ツイッター社は「リツイート」機能を10月20日から少なくとも11月上旬までの間、全世界で制限すると発表しました。

ここで改めて、ツイッターのリツイート機能がもたらす影響について記載していきます。

目次

ツイッター社が、リツイート機能を一時的に制限に踏み切った背景とは?

情報元はこちらです。

 

4年前の前回選挙で、ロシアがソーシャルメディアを通じて干渉したとされる疑惑が浮上したとのことです。

そこで、選挙に関する誤った情報の拡散を防ぐというのが、ツイッター社がリツイート機能制限に踏み切った理由のようです。

ただ、すべてのリツイート機能が制限されるわけではなく、コメントを書き込むことができる「引用ツイート」は利用可能とのことです。

ツイッターのリツイートがもたらす影響とは?

「ツイッターのリツイート機能そのもの」については、以前「リツイートとは何か?」という記事を書いていますので、ご参照して頂けますと幸いです。

「リツイート」は、これまで再三お伝えしている通り、ツイッターが他のSNSの中で最も優れている機能です。リツイートによる拡散力を活かして、WEBサイトへの流入やYouTubeチャンネル登録数増加へ繋げることも可能です。

例えば、私が運営する「ツイッターサロン冒険の書」というオンラインサロンのメンバーのお一人が、ツイッターでイベントを紹介したところ、拡散に拡散されて、ツイッターからイベントの申し込みが入ったと報告を受けました。

また、「ツイッターサロン冒険の書」会員数は現在19名なのですが、そのうち2名がツイッターからお申込み下さった方です。

これらの結果は、ツイッターによる拡散力がその一因と言っても過言ではないでしょう。

しかし、その反面、このリツイートによる拡散がマイナスの結果をもたらすこともあるのです。それは、間違った情報(デマ)の拡散です。

詳細はこちらの記事に記載しています。

まさに、昨今のコロナ禍においては、SNSでの情報がきっかけで様々なデマ情報が飛び交いました。それにより、一時スーパーやドラックストアからマスクが消えるなど、大変な混乱に陥りました。

また、その他にも、情報の出所や真偽を確認せず、誤った情報を発信し、炎上してしまったアカウントを何件か存じております。

リツイートがもたらす影響を知った上で、正しく利用していきたいものです。

まとめ

今回のツイッター社によるリツイート機能廃止により、米大統領選挙では完全とまではいかなくとも、制限を書けない場合と比較すると、誤った情報の拡散は多少は防ぐことができるのではないかと思います。

コメントを記載する「引用ツイート」の画面にも、なぜ転載するのかを考えるための手順を追加されるそうです。

そうなると、少々手間なのでわざわざデマを流す人はいるのかなと思います(笑)。

米大統領選挙は、11月3日に行われる予定です。世界中が注目しているイベントでもあります。行く末を見守っていきたいものですね。

■現在メンバー数19名!本の著者様も数名参加!!ツイッターサロン『冒険の書』詳細及び申込みはこちら

信用の器フラスコの会員登録が必要です。また、ツイッターサロン『冒険の書』にご入会いただけると、上記セミナーについて無料でご参加いただけます。

Follow me!

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

ツイッター運用コンサルタント。正しい情報発信のあり方を伝える専門家。親切・丁寧な指導に定評あり。

かつて、ツイッター上でのトラブルにより、1000フォロワー目前だった以前のアカウントを消去する。

しかし、ツイッターの運用方法を改めて学んだ結果、その後再開設したアカウントにて、わずか2か月後に1000フォロワーを超え、以降1か月でフォロワーが約1000人ずつ増となる。

2018年12月より、自身の原体験に基づき、ツイッター運用コンサルタントとして活動を開始。

「1週間でフォロワーが100以上増えた」、「ツイッターから、自分が経営するヘッドスパサロンへの来店に繋がった」など、多数の素晴らしい成果を出された方々を輩出するまでとなる。

SNS上でのいじめや誹謗中傷をなくすべく、正しい情報リテラシー及びコミュニケーションの本質を伝えることを使命に、ツイッター運用コンサルタントとしての活動に従事している。


■メディア掲載実績:日経ウーマン2019年12月号、『THE GO-GIVER』公式サイト インタビュー記事

■ミッション:情報発信を通じ、一人一人が自由闊達に想いを伝え、違いを認め合う社会を創る。

■ビジョン:正しい情報リテラシーを身に着け、時代の変化に対応できる人材を輩出。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる