インフルエンサーとは?なるには!?種類や意味を徹底解説

インフルエンサーとは?なるには!?種類や意味を徹底解説

 

あなたはインフルエンサーという言葉を聞いたことがありますか?
近年、インターネットやSNS、TV等でよく耳にするようになりました。

 

「インフルエンサーとは何なのか」知らない方もまだ日本では多いですが、すでに日本国内でも沢山のインフルエンサーが誕生しています。

 

インフルエンサーとは何なのか?あなたもなれるのか?

 

ひも解いていきたいと思います。

 

 

インフルエンサーの言葉の意味

インフルエンサーの言葉の意味

 

語源は、「Influence(インフルエンス)」からきています。Influenceの意味は影響、勢力、感化です。

 

冬に流行しがちな病気のインフルエンザも同じ語源でできているため、そっくりで間違えやすいですが、インフルエンサーはインフルエンザとは全く違う意味です。

 

簡単に言うとインフルエンサーとは、「SNSやWEBで影響力のある人物」のことを指します。

 

元々SNSが発達している米国で使われている言葉であり、近年日本でも使われるようになりました。

 

主にツイッターやインスタグラム等のSNSで、フォロワーがたくさんいる人を指すことが多いです。

 

今はたくさんの人がインターネットを見る時代。

 

例えば、人気者であるインフルエンサーがネット上でとある商品をほめるだけで、たくさんのファンがその商品を見ることになります。

 

昔はTVのCMや雑誌の広告だけが、その役目のほとんどを占めていましたが、今は一般人でもSNSなどで影響力のある人には、PRの仕事が依頼されるのです。

 

実際にインフルエンサーとして影響力を持つ人物がPRすることで、多くの集客効果を得ることに成功しています。

 

今やインフルエンサーによる広告効果は、絶大なものであることは周知の事実であり、人によっては、月収サラリーマン以上の収入を得ているインフルエンサーも存在しているのです。

 

インフルエンサーの種類

インフルエンサーの種類

 

インフルエンサーは、フォロワー数によっておよそのランク分けがされています。

 

  • ナノインフルエンサー
  • メガインフルエンサー
  • ミドルインフルエンサー

 

また、その特徴からそう呼ばれているインフルエンサーの種類もあります。

 

  • マイクロインフルエンサー
  • ライトインフルエンサー

 

それぞれ、どんなインフルエンサーを指しているのか?下で説明していきましょう。

 

ナノインフルエンサーとは?

ナノとは小さい単位のことを表します。

 

その言葉の通り、ナノインフルエンサーとは、フォロワーが少なめのインフルエンサーのことを指します。

 

大体目安としては数千以上~1万人以下です。フォロワー5000人以下でも活躍している人もいます。

 

ナノインフルエンサーを利用するメリットとしては、広告費が安いことです。

 

その逆として、フォロワー数が多いトップインフルエンサーのことはメガインフルエンサーといいます。

 

また、メガインフルエンサー程ではないものの、フォロワー数の多い人のことはミドルインフルエンサーと呼ばれます。

 

マイクロインフルエンサーとは?

 

マイクロインフルエンサーとは、何かのジャンルに特化しているインフルエンサーのことを言います。

 

例えば料理についての発信している人のことをフォローするのは、料理についての情報を知りたい人達が多いです。

 

つまり、その人は料理に特化した、マイクロインフルエンサーといえます。ですから、その人達にボクシングの情報を発信しても、興味をもたれにくいです。

 

得意なジャンルの投稿をすることで、いいねやコメント(リプライ)などの反応率(エンゲージメント率)が高いことが特徴です。

 

そのため、マイクロインフルエンサーを利用するメリットとは、合ったジャンルの商品を宣伝した場合、反応が得られやすいという点です。

 

その他に、一般人でフォロワーとの距離感が近く親しみやすいインフルエンサーのことを、ライトインフルエンサーと呼びます。

 

ライトインフルエンサーによるPRのメリットは、友達同士の口コミに近いものがあり、フォロワーが少なくてもおすすめしたものに対して反応が得られやすいことがあります。

 

インフルエンサーになるには?

 

このように、インフルエンサーには一般人でもなることができます。

 

資格も経験も不要です。

 

あなたの個性や特技などでたくさんの人に興味をもってもらい、フォローしてもらうことがインフルエンサーになる道といえます。

 

しかし、具体的にどうすればたくさんの人にフォローしてもらえるのでしょうか。

 

著名人・有名人以外(一般人)のインフルエンサーパターンを大きく分けた場合

 

  • クリエイティブ系→披露している作品を見たくてフォローされる
  • 有益ツイートを毎日たくさんしている→尊敬されたり、また見たいという気持ちからフォローされる
  • フォロワーさんとコメント欄(リプライ)で話すのが上手→友達になりたいという思いからフォローされる…など

 

に分類されます。

 

これらの方法は、人に興味をもたれるようなツイートやコメントができる場合、可能です。
有益ツイートとは、主に人間関係に役立つアドバイスや料理のレシピなど、人の役に立つ情報のツイートのことをいいます。

 

また、それ以外にとりあえずフォロワー数を増やす方法があります。

 

プレゼント企画を行い、企画参加の条件をフォローにすることでフォロワーを増やす方法や、相互フォローを行う方法です。

 

これらが現在ツイッターで見られる主なフォロワーの増やし方です。

 

相互フォローとは…フォロワーの人数を増やしたい人がお互いにフォローしあうことをいいます。相互フォローだけで、フォローの人数を数万まで増やしたアカウントも少なくありません。

 

しかし、プレゼント企画や相互フォローのみで増えている場合、フォロワーはその人のツイートが見たくてフォローしているわけではないので、ツイートへのいいねやコメント(リプライ)などの反応率(エンゲージメント率)が低くなることがデメリットです。

 

ただ、フォロワー0人ではいくら素敵なツイートをしていても、人目につかずフォロワーが増えていきにくいです。ですから、ますは相互フォローでフォロワーを増やし、ある程度の人数とつながってから自分の得意なツイートをするという相互フォローと得意ツイートを合わせた融合型も1つのやり方です。

 

まとめ

まとめ

 

インフルエンサーとは、著名人や有名人だけでなく、誰でもなれる夢のある肩書きです。

 

そのため沢山の人が目指していますが、まだまだ発展途上のため需要があります。

 

ですから、あなたもインフルエンサーを目指していきましょう!

 

ツイッター運用コンサルの詳細記事はこちら↓↓↓

 

にほんブログ村 ネットブログ Twitterへ
にほんブログ村

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA