ツイッターで悪口を書き込まれた時の4つの対処法

ツイッターで悪口を書き込まれた時の4つの対処法

 

ツイッターで悪口を書かれて困ったことはありませんか?

 

「人格を否定するような悪口を書かれた」
「ツイッターで何度も同じ人から悪口を送られてくる」

 

今回はそんなツイッターで悪口を書き込まれた時の4つの対処法についてご紹介致します。

 

 

ツイッターで悪口の対処法1.無視する

ツイッターで悪口を書き込まれた時の対処法1.無視する

 

まず第一に、悪口を言ってくる相手と極力関わらず、無視をするということです。

 

悪口を書き込む人は、大多数の場合悪意があり、その悪口が書き込まれたツイートを見てあなたが傷付いたり、怒ったりすることに対して、反応を楽しんでいる可能性が高いです。

 

悪口に対して懇切丁寧にリプライを送り返したりする必要はありません。

 

反応をしてしまえば相手の思うつぼです。
書き込まれたツイートの内容に対して傷付く必要もありません。

 

「相手は暇人なんだな」
「こんなことしかすることが無いんだな」

 

と思って無視を決めましょう。

反応が一切無いと分かれば、そのうち書き込むのを辞めるケースが多いです。

 

ツイッターで悪口の対処法2.ミュートやブロック機能を使う

ツイッターで悪口を書き込まれた時の対処法2.ミュートやブロック機能を使う

 

とはいえ、一度だけでなく何度も悪口を書いてくる人がいるかもしれません。

 

■関連記事:ツイッターで悪口言う人の3つの特徴

 

そこで第二の手段として、ツイッターのミュート機能やブロック機能を使って、自分の視界から悪口を言ってくる人をタイムラインから消してしまいましょう。

 

ミュート機能は、自分あるいは相手のフォローを外すことなく自分のタイムライン上に、相手のツイートを表示させない方法です。

 

ブロック機能は、自分と相手のフォローを強制的に外す手段です。

 

悪口を書き込むくらいならフォローを外せば良いだけなのに、わざわざ自分をフォローしている上で悪口を言ってくる人がいます。

 

悪口を書き込んでいるのですから、本来ブロックをされても当然のことをしているのです。

 

しかし、相手によっては厄介なことに、ブロックされたことで逆上してきたり、晒されたり、負け惜しみのツイートをして批判されるということに発展するケースもあります。

 

逆上されるかどうかの見極めがもし難しければミュートで対応しましょう。

 

ツイッターで悪口の対処法3.ツイートのスクリーンショットを取る

ツイッターで悪口を書き込まれた時の対処法3.悪口が書かれたツイートのスクリーンショットを取る

 

第三に、悪口が書かれたツイートのスクリーンショットを取るということです。

 

あまりにも悪口の内容が酷い場合、炎上することがあります。

 

炎上し始めると、予想以上に周囲に拡散されてしまったことや自分のした失態に気付き始め、悪口を言った側の人間が「これはまずい」とツイートを削除して、今までの悪口の書き込みをすべて無かったことにしようとします。

 

それで二度と関わってこない、ということであれば放っておくというのも一つの手段です。

 

しかし、悪口のツイートの内容が、あなたに関する誤った嘘の情報や、誤解を招く悪口を流し、それが広まってしまっていたという場合があります。

 

すると今度は、悪口や誤情報を鵜呑みにしてしまった人が、更にあなたを批判や悪口のツイートをし始める……という最悪の事態、悪循環まで起こってしまう可能性もあるのです。

 

自分に一切非が無いのに、ついてしまった悪いイメージを自分の力だけでなんとか払拭するというのは時間がかかりますし、限界があることがあります。

 

そこで、証拠として、悪口が書かれたツイートのスクリーンショットを取っておけば、悪口を言った相手もそのツイートを流したことを認めざるを得なくなるのです。

 

ツイッターで悪口の対処法4.法的措置を検討する

ツイッターで悪口を書き込まれた時の対処法4.法的措置を検討する

 

最後の手段として、個人の力だけではどうにもならない事態に陥った場合、また発展しそうな場合は、法的措置をとることを検討してください。

 

相手は「悪口くらいでそこまでしないだろう」と軽く見て高をくくっている場合があります。

 

しかし、ここで知っておいていただきたいのは「悪口を書き込むということは、どんなものであろうと立派な犯罪として成立する」ということです。

 

現実で起こったことよりも、むしろ、ツイートという決定的証拠が残り、かつ不特定多数の人間が見ているということで、相手が確実に不利な状況になることなのです。

 

具体的には侮辱罪、名誉毀損罪、業務妨害罪、信用毀損罪などが成立する可能性があります。

 

弁護士や警察等に相談する場合、対処法のその3でご紹介したように「実際に言われた悪口のスクリーンショット」などの証拠品が必要になりますので、しっかりと準備しておきましょう。

 

まとめ

まとめ

 

今回は、ツイッターで悪口を書き込まれた時の4つの対処法についてお話させて頂きました。

ツイッターの悪口には様々な対処法があります。

 

大多数の方は、できるだけ穏便に解決したいと思うでしょうが、相手の出方によっては、しかるべき対応があるということを知っておきましょう。

 

匿名性があることによって「悪口を書く」ということを甘く見ている人も多いですが、実際は犯罪であるということを理解しておきましょう。

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA