MENU

【ツイッター】1000から2000フォロワーへの道のり

2019 8/06
2018年11月7日~2018年12月5日 1000から2000フォロワーへの道のり 

こんにちは!MFファーストペンギン(@mfparallel)です。

2018年12月5日、私はTwitterのフォロワー数が、2000を超えました!

今のアカウントを開設したのが、2018年9月12日ですので、わずか3か月足らずということになります。

本当に、ありがとうございます。

前回記事に書いた通り、1000フォロワーになったのが11月7日でしたので、約1か月ということになります。

フォロワー数1000を超えたあたりから、相手からフォロー申請されることが増えてくるようになりました。

それに、自分からフォロー申請する場合も、1000以下であればフォローバックしてもらえないだろうなという方からも、フォローバックしていただけるようになりました。

また、ツイートについても、いいねを平均で100以上頂くようになり、たまにバズると300以上頂くこともあります。

このことについては、十分満足なのですが、実は、同時に「何かが違う」という違和感もあったのです。

目次

私が感じた違和感私が感じた違和感

それは何か?

ある時を境に、私はツイッター上で、誰とも本当の意味での交流をしていなかったことに気づきました

「ツイッターの向こうには人がいる」

と言っているのにも、関わらずです。

つまり、一方通行になりすぎていたのです。

もちろん、いただいたリプライについては、返信していました。

でも、基本、一人よがりだったように思いました。

これについては、私が無意識に避けていた部分がありました。

なぜなら、前のアカウントを消去した際の傷がまだ癒えておらず、人と関わることを恐れていたのです。

しかし、そんな私にも転機がありました。

この期間に行ったフォロワーさんとの交流について

引用ツイートの良さに気づく

まず一つ目は、「引用ツイート」です。

コミュニティーの仲間内で、各々のツイートをリツイートしたり、コメント付きリツイートを行うということを、日常的に行っていました。

私も、ブログ記事のツイートや、これはというツイートについて、リツイートをお願いしていました。

そうすると、ツイートはバズリ、かなりの効果がありました。

お返しに、仲間のツイートを引用コメント付きでリツイートを行うのですが、これがまた別の意味で楽しいな、と思うようになりました。

それはなぜか?

メンバーそれぞれが、意識が高く、ツイートの意図が明確に感じられるので、引用ツイートがやりやすかったからです。

ツイートの意図を汲み取り、そこに自分のコメントを載せる。

この作業は、なかなか楽しかったです。

自分で、ツイートのネタがない時や、オリジナルツイートがなかなか思いつかない時に、いいかもしれませんね。

引用元のツイートに付加価値を与えることに繋がりますし、引用元のツイート主とコミュニケーションをとることができます。

当たり前ですが、コミュニティーの仲間たちとは、11月に知り合ったばかりで、まだまだコミュニケーションがとれていません。

そのような中、引用ツイートをしあっていくところに、多少はお互いのことが知ることができるようになるわけです。

引用ツイートの中に、そのような発見がありました。

そうしていくうちに、私がこのままインフルエンサーになるよりも、むしろ、インフルエンサーを目指している方のお手伝いをしたいと思うようになりました。

今後の新たな活動の方向性が見えたのも、良かったことです。

私のプロフィールは、今は下の図のように、

「前向きかつ積極的、そして、意識の高いあなたを応援するアカウントです」

と、明記しています。
Twitterプロフィール

余談ですが、先日スポンサー会のメンバーの皆様8名の方々とオフラインでお会いしました。

予想通り、みなさま素敵な方々ばかりでした。

ツイッターを起点に、素晴らしいご縁に恵まれて、本当に感謝です。

『スラムダンク』を題材に交流

また、フォロワーとの目線を下げるために、思いもよらないものが役に立ちました。

それは、『スラムダンク』です。

私が、学生時代に一番好きなマンガでした。

この間、実装版を大人買いしたのですが、実は、この『スラムダンク』は名言の宝庫なのです。

それで、スラムダンクの登場人物の言っているセリフを引用して、いくつかのツイートをしたところ、

「スラムダンクは僕のバイブルでした。」

「私も、昔読んでいました。懐かしい!」

など、思ったより、たくさんのリプライをいただきました。

他のフォロワーさんも、ツイートの題材にしていたので、それにも乗っかったこともあります。

そうしたところ、フォロワーさんそれぞれから、キャラクターに対する想いのリプライをいただけて、交流を楽しむことができました。

まとめ

まとめ

以上が、1000フォロワーから2000フォロワーへの道のりです。

正直、1500フォロワーぐらいまでは、かなりしんどかったです。

しかし。1500フォロワーへの道のりを超えたあたりから、少しずつ余裕ができてきて、フォロワーさんとの交流も楽しむことができました。

フォロワーさんとの繋がりや共感が大事であるということが、この過程で改めて思い知らされました。

2000フォロワーを超え、私自身、新たなチャレンジをすることになりました。

なので、とてもやりがいを感じています。

これからも、フォロワーの皆様と一緒に、ツイッタランドで楽しく交流をしていきたいですね♪

 

  ツイッター運用コンサルの詳細記事はこちら↓↓↓

  にほんブログ村 ネットブログ Twitterへ にほんブログ村  

Follow me!

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

この記事を書いた人

ツイッター運用コンサルタント。正しい情報発信のあり方を伝える専門家。親切・丁寧な指導に定評あり。

かつて、ツイッター上でのトラブルにより精神を病み、1000フォロワー目前だった以前のアカウントを消去する。

しかし、ツイッターの運用方法を改めて学んだ結果、その後再開設したアカウントにて、わずか2か月後に1000フォロワーを超え、以降1か月でフォロワーが約1000人ずつ増となる。

そして、そのような自身の原体験に基づき、2018年12月よりツイッター運用コンサルタントとして活動を開始。、「1週間でフォロワーが100以上増えた」、「ツイッターから、自分が経営するヘッドスパサロンへの来店に繋がった」など、多数の素晴らしい成果を出された方々を輩出するまでとなる。

コンサル実績累計170件。(2020年5月27日現在)

SNS上でのいじめや誹謗中傷をなくすべく、正しい情報リテラシー及びコミュニケーションの本質を伝えることを使命に、ツイッター運用コンサルタントとしての活動に従事している。


■メディア掲載実績:日経ウーマン2019年12月号、『THE GO-GIVER』公式サイト インタビュー記事

■ミッション:情報発信を通じ、一人一人が自由闊達に想いを伝え、違いを認め合う社会を創る。

■ビジョン:正しい情報リテラシーを身に着け、時代の変化に対応できる人材を輩出。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる