ツイッターこそ、最強のアウトプット方法だ!

ツイッターこそ、最強のアウトプット方法だ!

こんにちは!MFファーストペンギン(@mfparallel)です。

みなさまは、『学びを結果に変えるアウトプット大全』という本はご存知でしょうか?

著者は精神科医、作家である樺沢紫苑氏。

「日本一アウトプットをしている精神科医」として、活動しておられます。

その著者が、脳科学に裏付けられた、伝え方、書き方、動き方、つまりアウトプットについて伝えているのが、この本です。

実際、本を手に取ってみて、内容がかなりわかりやすく、かつ説得力があって驚きでした!

目から鱗とは、まさにこのことだと思いました。

ところで、著者の樺沢紫苑氏ですが、要約力をアップする方法として、ツイッターを推奨しています。

ですので、今回はそのことについてお伝えします。

目次

ツイッターこそ、最強のアウトプット方法だ!

ツイート1

ご存知の通り、Twitterは140字までしか投稿できません。

その範囲内で、自分の言いたいことや考えをまとめるということです。

これは、私自身が日々痛感していることですが、実際にやってみると意外と難易度が高いです。

ちょっと書くと、あっという間に制限字数をオーバーしてしまいます。

そのため、もっと字数が短く済む表現方法を考えたり、効果的にまとめる方法が何かないかということが求められたりします。

そうすると、必然的に、語彙力や考える力が養われてくるのです。

学びを結果に変えるアウトプット大全』著者樺沢紫苑氏も、

「相手の考えやいいたいことをつかみ、まとめ、言い換える能力が高い人は、コミュニケーション能力が高く、仕事の進行も早い。」

と言っています。

そういう意味では、ツイッターは要約力を磨くための、一番恰好のアウトプット方法であり、最強のアウトプット方法かもしれませんね。

ツイッターを活用したアウトプット方法

アウトプット大全

さて、ツイッターを使ってどのようにアウトプットをすればいいか、という話になます。

例えば、本や映画の感想をツイートするというのもの、一つの手です。

せっかく、面白い本を読んだり、映画を観ても、その後に何もしなければ、そのままで終わってしまいます。

なので、本や映画の内容の要約や感想をツイートすることで、思考力や要約力、語彙力の訓練に繋がるのです。

ツイート2

こちらのツイートは、先日『アウトプット大全』を読み返し、ちょうど「教える」という項目が自分の中で心に響いたので、こちらをもとに作ってみました。

224件のいいね、30件のリツイートと、おかげさまで予想以上の共感を得ることができました。

自分でこのようなツイートを作って、「人に教えながら自分も学んでいこう。」という気になりました(笑)

まとめ

まとめ

いかがでしょうか?

ここでご紹介させていただいた、ツイッターを利用したアウトプット方法というのは、ほんの一例です。

ちょうど今、ツイッター上で、『アウトプット大全』の出版元であるサンクチュアリ出版さんが、#お題でアウトプットという企画をしています。

私も、1度だけ参加しました(笑)

ここに参加して、ご自身のアウトプット方法についてツイートしてもいいかもしれませんね。

さぁ、ツイッターを活用して、アウトプット力を磨いていきましょう!!

 

ツイッター運用コンサルの詳細記事はこちら↓↓↓

 

にほんブログ村 ネットブログ Twitterへ
にほんブログ村

 

Follow me!

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

この記事を書いた人

ツイッター運用コンサルタント。正しい情報発信のあり方を伝える専門家。親切・丁寧な指導に定評あり。

かつて、ツイッター上でのトラブルにより、1000フォロワー目前だった以前のアカウントを消去する。

しかし、ツイッターの運用方法を改めて学んだ結果、その後再開設したアカウントにて、わずか2か月後に1000フォロワーを超え、以降1か月でフォロワーが約1000人ずつ増となる。

2018年12月より、自身の原体験に基づき、ツイッター運用コンサルタントとして活動を開始。

「1週間でフォロワーが100以上増えた」、「ツイッターから、自分が経営するヘッドスパサロンへの来店に繋がった」など、多数の素晴らしい成果を出された方々を輩出するまでとなる。

SNS上でのいじめや誹謗中傷をなくすべく、正しい情報リテラシー及びコミュニケーションの本質を伝えることを使命に、ツイッター運用コンサルタントとしての活動に従事している。


■メディア掲載実績:日経ウーマン2019年12月号、『THE GO-GIVER』公式サイト インタビュー記事

■ミッション:情報発信を通じ、一人一人が自由闊達に想いを伝え、違いを認め合う社会を創る。

■ビジョン:正しい情報リテラシーを身に着け、時代の変化に対応できる人材を輩出。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる