返報性の原理をTwitter運用に利用は可能か?事例を交えつつ、徹底解説!

https://pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js
返報性の原理をTwitter運用に利用は可能か?事例を交えつつ、徹底解説!

皆さまは、『返報性の原理』という言葉をご存じでしょうか?、相手から受けた好意などに対し「お返し」をしたいと感じる心理のことを意味します。

実はこの『返報性の原理』をTwitterに利用することで、かなり伸ばすことができます。今回の記事では、私自身の事例を交え、その検証結果をお伝えします。

目次

そもそも、返報性の原理とは?マーケティングにおいての活用事例

その前に、返報性の原理をもう少し掘り下げて説明します。Wikipediaにはこのように書かれています。

人は他人から何らかの施しを受けた場合に、お返しをしなければならないという感情を抱くが、こうした心理をいう。この「返報性の原理」を利用し、小さな貸しで大きな見返りを得る商業上の手法が広く利用されている。」

マーケティングの場面においては、スーパーの試食や化粧品店のテスターなどが有名です。消費者にとっては、商品を無料で提供してもらうという好意を受け取ることになります。その結果、好意のお返しに商品の購入が期待できるわけです。

返報性の原理をTwitterに利用することによって得られる効果

では、返報性の原理をTwitterに利用するとはどのようなことでしょうか?

それは、「自分のツイートに反応してもらったら、同じように相手のツイートに反応をする」ということです。

嘘のような話ですが、そうすることによってさらに自分のツイートに反応してもらいやすくなるのです。以下、私自身がTwitter運用において実験してみました。

https://pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js

事例

Twitterアナリティクス

私自身、1ヶ月ほどこの「返報性の原理」を自分自身のTwitter運用に利用してみました。具体的には、自分のツイートに対して反応してくれた人に対し、いいねやリプライをお返しをしたのです。

そうした結果、上の過去28日間でのパフォーマンスの変動の図のように、ツイートインプレッション173,610(+132.0%)、プロフィールへのアクセス50,993(+132.8%)、フォロワー数12,784(+217)となりました。

この数値からもわかる通り、「返報性の原理」をまさに実感する結果となりました。ですので、Twitterに返報性の原理がそのまま当てはめることができるといっても、まさに過言ではないですね。別の言葉でいうと「与えるものは与えられる」とも言い換えることもで切ると思います。

まとめ

いかがでしょうか?

前回の記事では、「フォロワーと交流することでタイムラインに表示されやすくなる」ということをお伝えしました。それにプラスして、今回のようにツイートに反応してくださった人のツイートに、お返しといった意味で反応をすることで、さらにツイッターを伸ばすことが可能です。

今のTwitterのタイムラインのアルゴリズムでは、ただ良いツイートが伸びるというわけでもありません、ましてや、数多くツイートすれば評価されるというわけでもありません。自らのツイートがフォロワーのタイムラインに表示され、見てもらえないことには反応もされないのです。

そのためにはフォロワーとの交流が必須です。TwitterをはじめとするSNSはコミュニケーションツールであるため、当然といえば当然のことです。加えて『返報性の原理』を利用することで、さらにツイートが反応され、フォロワーも増えていくわけです。

積極的に他者に働きかけることで、自らのエンゲージメントを高めることに繋がります。ぜひやってみてください。

■無料メール講座開講中!登録は今すぐこちらから↓↓↓

https://pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js

Follow me!

返報性の原理をTwitter運用に利用は可能か?事例を交えつつ、徹底解説!

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ツイッター運用コンサルタント。正しい情報発信のあり方を伝える専門家。親切・丁寧な指導に定評あり。

かつて、ツイッター上でのトラブルにより、1000フォロワー目前だった以前のアカウントを消去する。

しかし、ツイッターの運用方法を改めて学んだ結果、その後再開設したアカウントにて、わずか2か月後に1000フォロワーを超え、以降1か月でフォロワーが約1000人ずつ増となる。

2018年12月より、自身の原体験に基づき、ツイッター運用コンサルタントとして活動を開始。

「1週間でフォロワーが100以上増えた」、「ツイッターから、自分が経営するヘッドスパサロンへの来店に繋がった」など、多数の素晴らしい成果を出された方々を輩出するまでとなる。

SNS上でのいじめや誹謗中傷をなくすべく、正しい情報リテラシー及びコミュニケーションの本質を伝えることを使命に、ツイッター運用コンサルタントとしての活動に従事している。


■メディア掲載実績:日経ウーマン2019年12月号、『THE GO-GIVER』公式サイト インタビュー記事

■ミッション:情報発信を通じ、一人一人が自由闊達に想いを伝え、違いを認め合う社会を創る。

■ビジョン:正しい情報リテラシーを身に着け、時代の変化に対応できる人材を輩出。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる