【ツイッター】企業公式アカウントの運用が必要である、たった一つの理由とは?

【ツイッター】 企業公式アカウントの運用が必要である、たった一つの理由とは?

ツイッター運用コンサルタントの古川真理(@mfparallel)です。

私事ですが、2021年6月22日をもちまして、ブログ開設3周年を迎えることができました。これもひとえにこのブログを読んでくださっている読者様のおかげです。心よりお礼申し上げます。

そこで、今回の記事では「なぜ、ツイッターの企業公式アカウントが必要なのか?」という理由についてお伝えします。

目次

なぜ、ツイッターの企業公式アカウントの運用が必要なのか?

企業がツイッターアカウントを運用した方が良い理由は、ただひとつ「御社をの知名度を上げるため」です。

どんなに、良い商品やサービスを開発したとしても、知ってもらわないことには誰からも手に取ってもらえません。

上記のツイートのように、「いくら素晴らしいものをつくっても、伝えなければ、ないのと同じ」という、故スティーブ・ジョブズ氏の名言もあるくらいです。

例えば、近所に美味しいラーメン屋さんがあったとしても、知らなければお店には入りませんよね。たいていは、告知や評判等を見て時には行列に並んでまでその店に入ってラーメンを食べてみようと思うわけです。

ですので、商品開発より情報発信の方が、ある意味大事なわけです。

他にもSNSがある中で、なぜツイッターなのか?

では、「なぜツイッターなのか?」という話です。

ツイッターはの現在の日本国内アクティブユーザー数は、約4500万人です。

ツイッターが日本国内の主要SNSの中で最も優れている点は、少ない文字数での抜群の拡散力です。いわゆるリツイートと呼ばれるものです。

■関連記事

ですので、自社WEBサイトやYouTubeチャンネル等の他媒体と組み合わせると効果的です。

多くのユーザーにリツイートをしてもらえれば、ツイッター上で御社が発信する情報を必要としている人のもとに届く可能性があるわけです。

ツイッターにおける、企業公式アカウントと個人アカウントの使い分け

であれば、わざわざ企業公式アカウントを開設せずとも、社長や社員の個人アカウントで情報発信すればよいのでは?という話ですよね。

確かに、それでも良いと思います。

ですが、会社としての知名度を上げるには、別途企業公式アカウントの運用をお勧めします。

上記のツイートにある通り、会社としての情報発信企業公式アカウントで発信し、社長や社員の個人アカウントでそれぞれの仕事に対する思いや人柄などを伝えていかれたら、企業公式アカウントと個人アカウントとの相乗効果が見込まれ知名度が上がっていくことでしょう。

まとめ

いかがでしょうか?今回は、ツイッターの企業公式アカウントの運用が必要である理由についてお伝えしました。

経営者の方が個人名でアカウントを所有し、発信をしていかれるのは、もちろん素晴らしいことだと思います。

ですが、会社としての知名度を高めるには、企業名でツイッターカウントを開設し、発信していかれることをお勧めします。発信を重ねていくにつれ、ツイッターを通して会社の知名度が上がり、ひいては売り上げアップや人材採用に繋がるわけです。

そこで、『売上が上がり、欲しい人材が集まる!8つのツイッター活用方法』というセミナーを開催いたします。今回はオンライン(Zoom)開催ですが、8月下旬ごろからは情勢を見つつですがリアル開催も予定しています。

ツイッターによって、知名度や売り上げアップ、人材採用に活用したいが・・・

✅忙しくて時間がない
✅やり方がわからない
✅効果がない
✅任せられる社員がいない

と思われたら、ぜひご参加をお待ちしております。

■2021年07月02日 (金) 14:00〜 15:45

■2021年07月16日 (金) 19:00〜 20:45

■2021年08月06日 (金) 15:00〜 16:45

ブログ開設から3年を迎えた今後も、皆さまのツイッターやSNS運用のお役に立つ記事を提供してまいります。今後ともよろしくお願いいたします。

Follow me!

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

ツイッター運用コンサルタント。正しい情報発信のあり方を伝える専門家。親切・丁寧な指導に定評あり。

かつて、ツイッター上でのトラブルにより、1000フォロワー目前だった以前のアカウントを消去する。

しかし、ツイッターの運用方法を改めて学んだ結果、その後再開設したアカウントにて、わずか2か月後に1000フォロワーを超え、以降1か月でフォロワーが約1000人ずつ増となる。

2018年12月より、自身の原体験に基づき、ツイッター運用コンサルタントとして活動を開始。

「1週間でフォロワーが100以上増えた」、「ツイッターから、自分が経営するヘッドスパサロンへの来店に繋がった」など、多数の素晴らしい成果を出された方々を輩出するまでとなる。

SNS上でのいじめや誹謗中傷をなくすべく、正しい情報リテラシー及びコミュニケーションの本質を伝えることを使命に、ツイッター運用コンサルタントとしての活動に従事している。


■メディア掲載実績:日経ウーマン2019年12月号、『THE GO-GIVER』公式サイト インタビュー記事

■ミッション:情報発信を通じ、一人一人が自由闊達に想いを伝え、違いを認め合う社会を創る。

■ビジョン:正しい情報リテラシーを身に着け、時代の変化に対応できる人材を輩出。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる