【ツイッター】平成最後のクリスマスを目前に、考えさせられたこと

メリークリスマス🎄
MFファーストペンギン(@mfparallel)です!

今回のクリスマスは、平成最後のクリスマスですね(*’▽’)

そのクリスマスを迎えるにあたり、私自身、改めて考えさせられた出来事があったので、シェアします。

引用リツイートについてつい返信したくなる、引用ツイートとは?

それは、「引用リツイート」です。

それは、この記事でも触れました。

引用リツイートは、ツイートのネタがない時や、オリジナルツイートがなかなか思いつかない時に、有効だと思います。

私自身、タイムラインでパッと目についたツイートが、かなり共感できるものであれば、今でも引用をしてコメントします。

私が、この引用リツイートについて、

「引用するときは、単なる同意のコメントだけではなく、もう一歩、深める内容を発信できると、さらに返信がきます。こうなると、ものすごく反応が良くなります。」

と、教わりました。

そして、コンサルした方々にも、そのように伝えています。

今では、フォロワー数が増えていくに従い、逆に自分のツイートが引用されることが多くなりました。

ありがたいことです。

だから、私は自分のツイートが引用されることは、大歓迎ですよ!!

「おっ、そう来たか!」

と、新たな発見を得られることがありますしね♪

それで、その引用リツイートについて、うれしい出来事がありました。

つい返信したくなる、引用リツイートとは?

これは、12月23日の私のツイートです。

このツイートの意図するところは、

「目標達成に必要なことは継続することだけど、何事も楽しくなければ続かないよね?だから、目標達成のプロセスの過程を楽しみましょう!」

ということでした。

このツイートにも、何人かの方が引用してコメントしてくださいました。

しかし、その中でもこの引用リツイートについて、特に度肝を抜かれました(笑)

引用してくれたのは、ゆみゆと/小学生ユニットさんという、小学校2年生と4年生の姉弟です。

「引用するときは、単なる同意のコメントだけではなく、もう一歩、深める内容を発信」

ということを、しっかりされていますよね!

それはそれは、コメントしたくなるでしょう!!

しかも、この引用リツイートをしたのは、小学生ですよΣ(・□・;)

この子たちは、お父様に教えてもらいながらツイッターを始めたらしいですが、お父様はよほどしっかりとした教育をされているのだな、という印象を受けました。

そして、私の2500人目のフォロワーさんにして、最年少のフォロワーさんとなってくださいました。

だから、そのような感謝の気持ちを込めて、以下のようなコメントをしました。

もちろん、その上で自分のタイムライン上でリツイートを行いました。

そうしたところ、さらに、以下のようなお礼のツイートがありました。

もう、このツイートには、本当に感動しましたね。

この子たちに、人として大切なことを教わりました。

それで、今回このブログでご紹介させていただいた次第です。

記事を書くにあたり、お二人とお父様に許可をいただいています。

みんな!
ちゃんと、『ありがとう』が言える大人になろうね( ;😉

お前もな(私)!

だから、

この子たちを応援してあげてください!!

まとめ

まとめ

いかがでしょうか。

以上、かつて、ツイッター上で大人同士の醜い争いや、いがみ合いにより、心を病んでしまった、私の心が温まったエピソードをシェアしました。

「ツイッターの向こうには人がいる」

と改めて気づかされました。

同時に、

「この子たちに恥じない大人にならなければいけない。」

「小学生まで私のツイートを見てくれているのだから、子供たちに夢を与えるツイートをしなければいけない。」

と、考えさせられました。

このことは、2019年の新たな目標とします!

平成最後のクリスマスを機に、このような気づきを得られたことに感謝です。

みなさまも、よいお年をお迎えください(^^)/

 

ツイッター運用コンサルの詳細記事はこちら↓↓↓

 

にほんブログ村 ネットブログ Twitterへ
にほんブログ村

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA