【考察】SNSで誹謗中傷された際の正しい対応方法とは?

【考察】SNSで誹謗中傷された際の正しい対応方法とは?

ツイッター運用コンサルタントの古川真理(@mfparallel)です。

「誹謗中傷をされたり、炎上するのが怖いからSNSをやらない」という方が、実は結構いらっしゃいます。

確かに、誹謗中傷や炎上は、誰もができれば避けて通りたいものです。他人から傷つけられるようなことを言われて、平気でいられる人はそうそういません。

私自身も、ごくまれにですが、SNSで誹謗中傷のコメントをいただくことがあります。それにより、気分を害することがないとは言いません。ですが、SNS上での誹謗中傷や炎上は、適切に対処することは可能です。今回の記事では、そのことについてお伝えします。

目次

SNSで誹謗中傷された際の対応方法についてのアンケート実施結果

LinkdInアンケート

先日、LinkdInにて、「SNSで誹謗中傷するようなコメントをされたらどのように対応するか?」というアンケートを実施し、3日間で288名の方にご回答いただきました。アンケート結果としては、上部の画像の通りになりました。「その他」とご回答いただいた主なものとしては、以下の通りです。

  • ウィットに富んだ返信ができるよう心がける
  • 何回かやり取りをした後にスルーする
  • 一旦、貴重な意見として受け止め、受け入れられる or 建設的に自分がコメント返せそうなら、コメントする
  • やり取りするにしても、スルーするにしても、感情的にならない
  • 「貴重なご意見、ありがとうございます」とだけ返信しておく

このように、SNSで誹謗中傷するようなコメントされた際の対応方法として、半数近くが「徹底的にスルー」、「即ブロック」となりましたが、果たして、どの方法が正しいのでしょうか?

SNSで誹謗中傷された際、やってはいけないこと

例えば、人から誹謗中傷された場合、たいていの人は傷ついたり、腹が立ったりすると思います。そのように反応するのは、当然のことです。しかし、だからと言って、同じように誹謗中傷のコメントをし返すのは、かえって逆効果です。と言いますのは、こちらの記事にある通り、ツイッターをはじめとするSNSで悪口を言う人の3つの特徴は、概して以下の3つだからです。

    1. いつも強い不満を抱えている
    2. 自分に自信がない
    3. いわゆるかまってちゃんである

ですので、相手の挑発に乗り、同じように誹謗中傷のコメントを投稿すれば、相手の思うツボになってしまいます。つまり、「相手にしてもらえてうれしい!さらに相手にされたいから、もっと、誹謗中傷のコメントを投稿しよう!」ということになってしまうわけです。

そうなってしまうと、しまいには自分自身が疲弊してしまいます。時間と労力の無駄ですよね。だから、誹謗中傷されて悔しいのはわかりますが、決して相手の土俵に乗らないことが大切です。

SNSで誹謗中傷されたら、単にスルーかブロックすることが正解なのか?

とはいえ、SNSで誹謗中傷されたら、単純にスルー、もしくはブロックが正解かというと、一概にはそうとは言えません。

仮に、誹謗中傷される原因が、あなた自身にあった場合は素直に認め、謝罪した方が良いでしょう。また、一見誹謗中傷に見えたとしても、建設的な意見としてコメントである場合も往々にしてあります。

もちろん、自分には非がないのに、明らかに誹謗中傷であれば、スルーもしくはブロック、場合によっては通報で良いと思います。ですが、内容をよく吟味し、対応する必要があります。アンケート結果にある「その他」のご意見が、非常に参考になると思います。

ちなみに、私自身はいったんは自分の中で受け止め、自分の誤りに対するご指摘や建設なご意見であれば、素直に謝罪やお礼の返信します。そうではない場合は、スルーまたはブロックの対応を取ります。

まとめ

いかがでしょうか?SNSで誹謗中傷された際の対応方法についてお伝えしました。正しい対処法がわかれば、誹謗中傷や炎上は恐れることはありません。

本来であれば、SNSとは人と人が傷つけあうツールではありません。れっきとしたコミュニケーションツールです。

画面の向こうには人がいます。その向こう側にいる人を尊重し、適切なコミュニケーションをとっていきたいものです。

■関連記事

■【3か月伴走プラン】ツイッター運用コンサルティング

Follow me!

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

ツイッター運用コンサルタント。正しい情報発信のあり方を伝える専門家。親切・丁寧な指導に定評あり。

かつて、ツイッター上でのトラブルにより、1000フォロワー目前だった以前のアカウントを消去する。

しかし、ツイッターの運用方法を改めて学んだ結果、その後再開設したアカウントにて、わずか2か月後に1000フォロワーを超え、以降1か月でフォロワーが約1000人ずつ増となる。

2018年12月より、自身の原体験に基づき、ツイッター運用コンサルタントとして活動を開始。

「1週間でフォロワーが100以上増えた」、「ツイッターから、自分が経営するヘッドスパサロンへの来店に繋がった」など、多数の素晴らしい成果を出された方々を輩出するまでとなる。

SNS上でのいじめや誹謗中傷をなくすべく、正しい情報リテラシー及びコミュニケーションの本質を伝えることを使命に、ツイッター運用コンサルタントとしての活動に従事している。


■メディア掲載実績:日経ウーマン2019年12月号、『THE GO-GIVER』公式サイト インタビュー記事

■ミッション:情報発信を通じ、一人一人が自由闊達に想いを伝え、違いを認め合う社会を創る。

■ビジョン:正しい情報リテラシーを身に着け、時代の変化に対応できる人材を輩出。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる