スティーブ・ジョブスの名言から学ぶ、SNSでの情報発信の心構えとは何か?

スティーブ・ジョブスの名言から学ぶ、SNSでの情報発信の心構えとは何か?

ツイッター運用コンサルタントの古川真理(@mfparallel)です。

先日、とある経営者の男性が、「時間がもったいないから、半年ほど前からSNSでの情報発信を辞めた」とおっしゃっていました。

目次

SNSでの情報発信は、時間と労力がかかる

前回、このような記事を書きました。非常に多くの方が、「Twitterのフォロワーを増やしたい」、「Twitterで影響力を付けたい」、「Twitterから集客に結び付けたい」といった理由でツイッターを始めます。

ですが、大多数の方が1年後には、「忙しい」、「効果がない」といった理由で辞めてしまうのです。Twitter含め、SNSでの情報発信はすぐに効果が出るわけではありません。ある程度の効果が出るまで、それ相応の時間がかかります。

ですから、冒頭の経営者の男性の方が「SNSは時間の無駄」とおっしゃるもの無理がないことです。

たとえ自ら情報発信せずとも、SNS自体から流れてくる情報を見るだけでもかなりの時間を費やします。であれば、SNSは時間の無駄と思われても致し方ないかもしれません。SNSで費やしていた時間を他のことに充てることは可能です。

しかし。SNSでの情報発信を継続すればするほど、フォロワーが増え、知名度が増し、ひいては集客に結びついていくわけです。ただ、残念ながら、ここまで到達できている方はごく一握りにすぎません。

スティーブ・ジョブス氏の名言から学ぶ、SNSでの情報発信の心構え

いくら素晴らしいものを作っても、伝えなければ、ないのと同じ

アップルの創始者であるスティーブ・ジョブズ氏の名言です。ご存知の方も多いのではないでしょうか。iPhoneやMacなどのアップル製品は、今や世界中の誰も知らない人はいないと思います。

しかし、スティーブ・ジョブズが初めて「MacBook Air」というノートパソコンを発表した際、製品の伝え方にこだわっていたそうです。その結果、MacBook Airは記録的な大ヒットになりました。その要因は「商品が素晴らしかった」以上に「伝え方が素晴らしかった」と言われています。

■スティーブ・ジョブス氏によるMacBook Airプレゼンテーション

こうしてみてみると、「いくら素晴らしいものを作っても、伝えなければ、ないのと同じ」と、スティーブ・ジョブス氏が言うと、かなりの説得力があります。MacBook Air程まではいかなくとも、どんなに良い商品を開発したとしても、知ってもらわないことには誰からも手に取ってもらえません。

だからこそ、情報発信が不可欠になってくるわけです。

事実、日本スーパーマーケット協会の調べによると、SNSを見てお店や商品に興味を持ってから来店した人と、そうでない人との購入率の差は17倍も違うと言われています。これにより、どれだけSNSでの情報発信が人々の生活に根付いているかお分かりいただけるかと思います。

たとえ忙しかろうと、商品紹介や情報提供のためにSNSで情報発信を行わない手はないですね。

まとめ

SNSで情報発信を行う一番の理由は、「知ってもらう」ということです。ですから、「情報発信も仕事の一つ」と位置付けても過言ではないと思います。

間もなく2021年も終わり、新しい年を迎えようとしています。来年よりTwitterでの情報発信を本腰入れて取り組んでいかれたい方は、ぜひ、下記のセミナーにご参加下さい。きっとお役に立てると思います。あなたのお申込みを心よりお待ちしています。良いお年をお迎えください。

■ツイッターセミナー開催のお知らせ

Follow me!

スティーブ・ジョブスの名言から学ぶ、SNSでの情報発信の心構えとは何か?

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

かつて、Twitter上でのトラブルに巻き込まれ、1000フォロワー目前だったアカウントを消去する。

その後、Twitterの運用方法を改めて学んだ結果、 再開設したアカウントにて、わずか2か月で1000フォロワーを超える。それ以降、1か月でフォロワー増が約1000人を下回ることがなくなる。

その原体験に基づき、 2018年12月よりTwitter 運用コンサルタントとして活動を開始。特に、初心者からのスキル習得、企業のTwitter担当育成を得意とする。

「1 週間でフォロワーが100人以上増えた」
「Twitter経由でオンラインサロンに申し込みが入った」
「Twitter経由で自社所有物件へ問い合わせが入った」
「Twitterからイラスト制作の依頼が入った」

など、多数の素晴らしい成果を出される方々を次々と輩出するまでとなる。

現在においても、Twitter上でのいじめや誹謗中傷をなくすべく、
正しい情報リテラシー及びコミュニケーションの本質を伝える
Twitter運用コンサルタントの活動を、使命を持って従事している。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる