データに基づく、各SNSの特徴とユーザー層を活かした集客案

2019年12月現在の、日本国内における各SNS月間アクティブユーザー数は、以下の通りです。

 

  • LINE:8,200万人
  • Twitter:4,500万人
  • Instagram:3,300万人
  • Facebook:2,800万人
  • TikTok:950万人

(出典:Ferret)

 

SNSは無料で始められるため、手軽に参入でき、顧客見込みユーザーへのアプローチや、テストマーケティングが行いやすい市場です。

 

しかし、各SNSの特性を理解していないと、その効果を使いこなすことができないのもまた事実です。

 

今回は、その特性を理解して運用するため、またはマッチングさせて集客するために、各SNSの特性をご紹介します。

 

経営者の方、企業のマーケティング担当者の方のお役に立つことができましたら幸いです。

 

目次

各SNSの特徴とユーザー層を活かした集客案

各SNSの特徴とユーザー層を活かした集客案

 

では実際に、各SNSの特徴を踏まえた集客方法について、以下の通りお伝えしていきます。

 

Facebook

 

facebook

 

Facebookは実名登録が必須ののSNSです。

 

国内月間アクティブユーザーは2,800万人ですが、「1人1アカウント」ですので、ユーザー数はほぼユニークユーザーと考えられます。

 

中高年層からは支持されていますが、若年層がFacebookから離れつつあります。

 

しかし、Facebook広告は、趣味・嗜好・年齢・地域などにターゲットを絞った広告配信が可能です。これが、FacebookがSNSで集客する上で、最大の強みと言えます。

 

ですので、自社HPとは別にFacebookページを作成し、御社のターゲットとする層へ広告配信するということが、facebookで集客を行う上で効果的です。

 

また、Facebook広告は次に紹介するInstagramと連動しているため、Instagramのユーザー層にもリーチが可能です。

 

■関連記事:

 

Instagram

 

インスタグラム

 

Instagramは、スマートフォンで撮影した写真をフィルターを使い美しく投稿できるのが特徴のSNSです。

 

日本の利用者の割合は、男性が43%、女性が57%です。2017年には、「インスタ映え」というワードが流行語大賞となったほど、一大ブームを巻き起こしました。

 

さらに、ハッシュタグ検索をする回数は、グローバル平均の3倍(2018年5月)というデータもあります。

 

集客に活用するとなると、ビジュアルで訴求する必要のある、飲食店や美容室、衣料品店などがオススメです。

 

また、Facebookと連動し、通常の投稿とは別に写真や動画を配信できるストーリーズも利用も効果的と言えます。

 

■関連記事:

 

LINE

 

line

 

LINEは、日本国内において最も多くのユーザー数を誇るSNSです。

 

LINEの公式発表によると、月間アクティブユーザー数は日本の人口のおよそ64%にのぼり、そのうち、およそ86%は毎日使用しているとのことです。年齢層も、幅広い層に支持されています。

 

そういった意味で、LINE公式アカウントを開設し、集客を行うことも一つの手です。

 

LINE公式アカウントにて、メルマガ代わりにキャンペーン情報などを配信や、店舗来店促進のためにクーポン機能の利用も効果的です。

 

ただ、LINEアクティブ率が高いため、過度な配信はユーザーからブロックされる恐れがあるので注意が必要です。

 

■関連記事:

 

TikTok

 

Tiktoc

 

TikTokは、縦型のショートムービープラットフォームです。

 

ユーザー層は主に10~20代の女子学生が中心です。

 

中国国内では最大のユーザー数を誇り、日本でも多くのトレンドや有名人が生み出されています。

 

恐らく、これから伸びていくであろうSNSであるため、プロモーション広告配信などに活路を見出せそうです。

 

ツイッター

 

ツイッター

 

ツイッターは、140字で手軽につぶやくことができることで人気のSNSです。

匿名で利用でき、気軽に他のユーザーをフォローしコミュニケーションができるのが特徴です。ユーザー層は10代から20代といった若年層がメインです。

 

他のSNSと一線を画していることは、なんといっても「拡散力」です。ですので、ツイッターと他のSNSと組み合わせて集客を行うことで、相乗効果が見込めるでしょう。

 

さらに、集客効果を上げたいとお考えであれば、ツイッター広告を利用することも打ち手として得策です。

 

■関連記事:




 

まとめ

まとめ

 

いかがでしょうか?

 

各SNSの月間アクティブユーザー数と、特徴を活かした集客方法についてお伝えしました。

 

やはり、それぞれ一長一短があります。ですので、一つのSNSだけではなく、複数のSNSをうまく組み合わせて利用することで、更なる集客効果が見込めます。

 

この記事が、御社のマーケティング活動の一助になれば幸いです。

 

■ツイッター運用コンサルの詳細記事はこちら↓↓↓

 

■ツイッターセミナーのご案内↓↓↓

 

にほんブログ村 ネットブログ Twitterへ
にほんブログ村

 

Follow me!

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

この記事を書いた人

ツイッター運用コンサルタント。正しい情報発信のあり方を伝える専門家。親切・丁寧な指導に定評あり。

かつて、ツイッター上でのトラブルにより精神を病み、1000フォロワー目前だった以前のアカウントを消去する。

しかし、ツイッターの運用方法を改めて学んだ結果、その後再開設したアカウントにて、わずか2か月後に1000フォロワーを超え、以降1か月でフォロワーが約1000人ずつ増となる。

そして、そのような自身の原体験に基づき、2018年12月よりツイッター運用コンサルタントとして活動を開始。、「1週間でフォロワーが100以上増えた」、「ツイッターから、自分が経営するヘッドスパサロンへの来店に繋がった」など、多数の素晴らしい成果を出された方々を輩出するまでとなる。

SNS上でのいじめや誹謗中傷をなくすべく、正しい情報リテラシー及びコミュニケーションの本質を伝えることを使命に、ツイッター運用コンサルタントとしての活動に従事している。


■メディア掲載実績:日経ウーマン2019年12月号、『THE GO-GIVER』公式サイト インタビュー記事

■ミッション:情報発信を通じ、一人一人が自由闊達に想いを伝え、違いを認め合う社会を創る。

■ビジョン:正しい情報リテラシーを身に着け、時代の変化に対応できる人材を輩出。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる