【考察】ツイートの内容はポジティブなものでなければならないのか?

【考察】ツイートの内容はポジティブなものでなければならないのか?

MFファーストペンギン(@mfparallel)です。

 

さて、私がツイッターのコンサルをしている中でよくいただく質問の一つとして、「ツイートはポジティブな内容でなければいけないのか?」というのがあります。

 

今回の記事では、その質問についてお答えしていきます。

ツイートはポジティブな内容であるべき?

そもそもの事の発端は、私が行った上記のツイートです。

 

こちらのツイートの意図としては、「自分の経験上、人の悪口や陰口を言うとスッキリするけど、聞いている方はいい迷惑だ。それに、自分が口にしたことは自分に跳ね返ってくるので、結局は良いことはないですよ。」ということです。

 

それに対しある方から、「言いたいことも言えないのはつまらない。どうせ誰も見ていないし、何を言っても良い。」という内容のリプ(リプライ)をいただきました。それについては、確かに一理あると思います。

 

なので、冒頭の「ツイートはポジティブな内容でなければいけないのか?」という質問に対し、私は「必ずしもそうでなくてもいいですよ。」と回答します。

 

そうです。ネガティブな気持ちの時には、無理にポジティブである必要はないと思います。

 

人間ですので、たまにはネガティブなことを呟きたいときもありますし、他人にわかってもらいたいという欲求もあることでしょう。

 

MF
MF
このように、ツイッターは普段言えない自分の想いを吐き出せすことも可能な場所です。そういった意味では素晴らしいツールと言えます。

 

誰も見ていないからどんな内容のツイートでもいいのか?

 

しかし、「どうせ誰も見ていないし、何を言っても良い。」というのはどうでしょうか?

 

人は見ていないようで見ているものです。悪事が後でバレるのと同じようなものですね。

 

フォロワーが多い少ない関わらず、何気なくツイートしたことが、色んな人に拡散され、多くの人の目に留まることがあります。悪い内容であったら、炎上に繋がることもあるのです。これがツイッターの恐ろしいところでもあります。それで、私は上記のツイートをしました。

 

いわゆるネガティブキャンペーンというのは、人から注目されやすいです。それでわざとネガティブなツイートをする方も、私は存じております。

 

しかし、その代償は計り知れないものです。フォロワーは激減し、信用はがた落ちします。炎上は大きくなり、最悪な場合は犯罪にもつながることでしょう。

 

そうなると取り返しがつかなことになってしまいます。

 

MF
MF
ツイッターの向こうに人がいます。ですので、フォロワーが多かれ少なかれ、常にツイッターの向こうにいる人に見られている意識をもって、ツイートをしていきたいものですね。

 

まとめ

 

まとめ

 

いかがでしょうか?

 

私の体験談ですが、かつてリアルの人間関係において、人の悪口や陰口を言いまくっていた時期がありました。

 

その時自分が発した言葉は、すべて自分に跳ね返ってきてしまったのです。集団から総スカンを喰らい、信用が一気にがた落ちし、そこにいられなくなってしまいました。その時初めて、言葉の恐ろしさというものを身を持って体感しました。

 

ツイッターの本質が「ツイッターの向こうには人がいる」ということであれば、ツイッターや他のSNSでも同様です。

 

あなたは誰も見られていない、誰も聞いていないと思っていても、誰かが見ています。

 

MF
MF
ですので、たまにはネガティブな弱音を吐いてもいいけど、常に人から見られているという意識を持ち、ルールとモラルを守ってツイッターを行っていきたいものですね。

 

■ツイッター運用コンサルの詳細記事はこちら↓↓↓

 

■ツイッターセミナーのご案内↓↓↓

 

にほんブログ村 ネットブログ Twitterへ
にほんブログ村

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA