【検証】SNS疲れの3つ原因と対策法とは?

【検証】SNS疲れの3つ原因と対策法とは?

ツイッター運用コンサルタントのフルカワマリ(@mfparallel)です。

1週間前に緊急事態宣言も解除となり、徐々にこれまでの日常生活に戻りつつあるのかなといったところです。

とはいえ、コロナウイルス感染リスクが全くないというわけではないので、引き続き注意は必要ですね。

さて、コロナ禍前もその傾向がありましたが、この自粛生活の中で、「SNS疲れ」というワードをよく聞くようになってきました。

「なぜ、SNS疲れが起こるのか?」

今回の記事では、その3つの原因と対策法について、それぞれ検証していきたいと思います。

目次

SNS疲れの原因①フォロワー数などの比較

例えば、同じ時期にツイッターを始めた人がいて、その人の方がフォロワーも多く、ツイートに対するエンゲージメント(いいねやリツイート)が多かった場合、落ち込んでしまうと思います。

「隣の芝生は青く見える」と言いますよね。私も経験があるので、非常によくわかります。

それが積み重なっていくと、SNS自体が楽しめなくなり、SNS疲れを引き起こしてしまうという可能性があるものです。

 

【対策法】

「人は人、自分は自分」です。他人と比べずに、「自分はSNSで何をしたいのか?」ということを明確にし、マイペースに楽しんでいくことが大事です。

そうすれば、SNS自体が楽しくなり、良い方向に進むようになることでしょう。


SNS疲れの原因②返信しなければいけないという義務感

ある方から、「ツイッターでいいねやリツイートやリプライをもらったりすると返信しなければいけないという義務感が苦痛」という話を聞いたことがあります。

私はこれを聞いて、「確かにこれも一理あるな」と思いました。

マメな方であればそんなにおっくうではないのかもしれませんが、中には返信する事すら苦痛となり、SNS疲れを感じてしまう方もいらっしゃるようです。

 

【対策法】

いいねやリツイートについては、あなたが純粋にそのツイートを読んで良い内容だと思えば、そのようなアクションを行ってもいいと思います。

逆にそう思わなければ無理に行わなくても良いでしょう。

リプライについては、できれば返信したほうがいいです。ただし、明らかにいわゆるクソリプとわかるもの、返信しづらいものについては、スルーしてもいいと思います。


SNS疲れの原因③入ってくる情報がネガティブ

特に、コロナ禍の状況だと、入ってくる情報はどうしてもどちらかというとネガティブになりがちです。

人の感情は、どうしてもネガティブに引っ張られてしまうものです。

ネガティブな情報に触れるだけで、脳機能が低下するという説もあるほどです。

それがSNS疲れを引き起こす原因に繋がるのです。

 

【対策法】

その場合、SNSから離れるのもまた一つの手です。

また、ツイッターだと、特定のワードをミュートすることができます。こういったSNSの公式機能も上手く活用していきましょう。


また、愚痴とか誹謗中傷対策であれば、以下の過去記事をご参照いただけると幸いです。

 

 

誹謗中傷に対しては徹底的にスルーし、自分ではどうにもできないほどの状況に追い込まれたら、法的措置をとることをオススメします。

まとめ

いかがでしょうか?

SNS疲れの3つの対策法として、

    1. 人と比較しない
    2. 無理に返信しなくてもいい
    3. ネガティブ情報を避ける

をオススメします。

SNSは現代の重要なコミュニケーションツールと言っても過言ではありません。しかし、いやいやながら強いられてまでやるものではありません。

ですので、SNSうまく付き合い、楽しんで運用していかれることを心から願っています。


■ツイッター運用コンサルの詳細記事はこちら↓↓↓

 

にほんブログ村 ネットブログ Twitterへ
にほんブログ村

 

■フルカワマリのプロフィールはこちら↓↓↓

 

にほんブログ村 ネットブログへ
にほんブログ村

Follow me!

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

この記事を書いた人

ツイッター運用コンサルタント。正しい情報発信のあり方を伝える専門家。親切・丁寧な指導に定評あり。

かつて、ツイッター上でのトラブルにより、1000フォロワー目前だった以前のアカウントを消去する。

しかし、ツイッターの運用方法を改めて学んだ結果、その後再開設したアカウントにて、わずか2か月後に1000フォロワーを超え、以降1か月でフォロワーが約1000人ずつ増となる。

2018年12月より、自身の原体験に基づき、ツイッター運用コンサルタントとして活動を開始。

「1週間でフォロワーが100以上増えた」、「ツイッターから、自分が経営するヘッドスパサロンへの来店に繋がった」など、多数の素晴らしい成果を出された方々を輩出するまでとなる。

SNS上でのいじめや誹謗中傷をなくすべく、正しい情報リテラシー及びコミュニケーションの本質を伝えることを使命に、ツイッター運用コンサルタントとしての活動に従事している。


■メディア掲載実績:日経ウーマン2019年12月号、『THE GO-GIVER』公式サイト インタビュー記事

■ミッション:情報発信を通じ、一人一人が自由闊達に想いを伝え、違いを認め合う社会を創る。

■ビジョン:正しい情報リテラシーを身に着け、時代の変化に対応できる人材を輩出。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる