MENU

商品が売れるパターンを学びたい方にオススメの書籍!『ストーリーブランド戦略』

2020 5/06

「なぜ、良い商品なのに売れない?」

 

そのように思われたことはありませんか?

 

その一方で、「ウチより品質が悪いのに なんで売れているんだろう?」と思うような商品もあると思います。

 

その違いは一体何なのでしょうか?

 

目次

商品が売れるパターン「ストーリー・ブランド・フレームワーク」とは?

商品が売れるパターン「ストーリー・ブランド・フレームワーク」とは?

 

その正体は、商品が売れる「パターン」です。さらに、商品が売れるパターンには、下記の通り「7つのステップ」があります。

 

  1. 主人公
  2. 問題の特定
  3. 導き手の登場
  4. 計画の提示
  5. 行動喚起
  6. 回避したい失敗
  7. 成功する結末

 

このパターンを、「ストーリー・ブランド・フレームワーク」と言います。

 

これはハリウッド映画等でよく使われれる手法です。「パイレーツ・オブ・カリビアン」は、「ストーリー・ブランド・フレームワーク」を活用し、世界中で大ヒットしました。

 

さらに、Appleは「ストーリー・ブランド・フレームワーク」を商品に応用したことで急成長を遂げました。

 

今や、「ストーリー・ブランド・フレームワーク」は、米国で毎年3000社が導入しているといわれています。

 

『ストーリーブランド戦略』の紹介

『ストーリーブランド戦略』の紹介

 

「ストーリー・ブランド・フレームワーク」についてわかりやすく紹介されているのが、『ストーリーブランド戦略』という本です。

 

誰でも知っている映画を題材にしているのでイメージがしやすく、なおかつ本書に沿って進めていけば魅力あるストーリーができあがってしまうほどの実践的な本です。

 

商品やサービスの魅力的な伝え方を学びたい方に、ぜひオススメの書籍です。

 

>>>『ストーリーブランド戦略』を手に取る。

 

『ストーリーブランド戦略』の価格について

 

『ストーリーブランド戦略』の価格は、2,980円(税抜)です。友人と1回飲みに行く程度の値段です。

 

しかも、もし本の内容が気に入らなければ、今日から90日以内なら無条件で返金できるので、何のリスクもありません。

 

その上、送料は無料です。

 

[90日間の返金保証にして送料無料。しかも、商品が飛ぶように売れるパターンが学べる。であれば、『ストーリーブランド戦略』を買わない理由はないですよね。

 

 

まとめ

まとめ

 

「消費者を主人公にした物語を作る」

 

私は、『ストーリーブランド戦略』を実際に読んでみて、この一文が最も共感しました。

 

どんなに商品やサービスが良くても、その良さが伝わらなければ消費者になかなか手に取ってもらえないものです。

 

そこで、実際に消費者を主人公にしたストーリー展開に仕立てると、購入後のイメージがつきやすくなり、購入に繋がりやすくなるのだと思いました。

 

『ストーリーブランド戦略』は、内容がとても分かりやすいうえに中身も濃いものです。ぜひご購入をオススメします。

>>>『ストーリーブランド戦略』を手に取る。

 

フルカワマリのプロフィールはこちら↓↓↓

 

にほんブログ村 ネットブログへ
にほんブログ村

 

Follow me!

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

この記事を書いた人

ツイッター運用コンサルタント。正しい情報発信のあり方を伝える専門家。親切・丁寧な指導に定評あり。

かつて、ツイッター上でのトラブルにより精神を病み、1000フォロワー目前だった以前のアカウントを消去する。

しかし、ツイッターの運用方法を改めて学んだ結果、その後再開設したアカウントにて、わずか2か月後に1000フォロワーを超え、以降1か月でフォロワーが約1000人ずつ増となる。

そして、そのような自身の原体験に基づき、2018年12月よりツイッター運用コンサルタントとして活動を開始。、「1週間でフォロワーが100以上増えた」、「ツイッターから、自分が経営するヘッドスパサロンへの来店に繋がった」など、多数の素晴らしい成果を出された方々を輩出するまでとなる。

コンサル実績累計170件。(2020年5月27日現在)

SNS上でのいじめや誹謗中傷をなくすべく、正しい情報リテラシー及びコミュニケーションの本質を伝えることを使命に、ツイッター運用コンサルタントとしての活動に従事している。


■メディア掲載実績:日経ウーマン2019年12月号、『THE GO-GIVER』公式サイト インタビュー記事

■ミッション:情報発信を通じ、一人一人が自由闊達に想いを伝え、違いを認め合う社会を創る。

■ビジョン:正しい情報リテラシーを身に着け、時代の変化に対応できる人材を輩出。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる