【必読】副業から起業に繋げるために最適な2冊の本とは?

【必読】副業から起業に繋げるために最適な2冊の本とは?

こんにちは!パラレルキャリアの伝道師こと、フルカワマリ(@mfparallel)です。

 

みなさんは、人生を激変させるほどの本に出会ったことはありますか?

 

今回の記事はそんな話です。

 

目次

『新しい副業のかたち』という本との運命的な出会い

『新しい副業のかたち』との運命的な出会い

 

今回ご紹介させていただくのは、『新しい副業のかたち』、『新しい起業のかたち』の2冊です。

 

最初に、『新しい副業のかたち』を読みました。昨年末に新宿に所要があり、たまたま立ち寄った紀伊国屋書店で、この本を見つけました。

 

当初、本のタイトルはもちろん、著者の方も存じ上げませんでした。

 

しかし、本の帯に書かれている、「アフィリエイト、YouTubeはもう古い! サークル活動で楽しく月10万円稼ぐ 」という文言に強く心を引き付けられ、気づいたときには本を手に取り、レジで会計をしていました笑。

 

これが最初の運命的な出会いです。

 

実際に読み進め、「サークルモデルを立ち上げることが、私が次にやるべきことだ!」と確信させられました。

 

私自身、『新しい副業のかたち』を手にした時は、コンサル業や講師業といった副業収入で、既に月10万円以上を稼いでいました。

 

といいつつ、私はこれ以上の拡大に対して限界を感じていたのです。

 

その理由とは、コンサル収入も講師業による収入も、所詮私一人の力によるものだからです。自分がコケてしまったら、当然ビジネスは破綻してしまいます。となると、新たな打ち手が必要になってきます。

 

それが、『新しい副業のかたち』で提唱している、「サークルモデル=オンラインサロンの設立」です。

 

実は、かつてオンラインサロンを立ち上げることを検討していた時期がありました。

 

けれでも、その当時は時間的に余裕がなかったのと、オンラインサロン設立のためのノウハウがなかったため、その計画は頓挫してしまいました。

 

なので、私は自分の中の足りないピースを埋めるのと共に、オンラインサロン設立のノウハウの教えを乞うために、『新しい副業のかたち』を持って、著者の安田修氏に会いに行ったのです。

 

著者:安田修氏について

 

著者の安田修氏(以下:安田さん)は、15年間日本生命で勤務後に起業し、コミュニティ・プラットフォームの「信用の器フラスコ」を立ち上げたお方です。

 

私は、業種は違えど同じ金融機関出身でしたし、同年代でもあるので、勝手に親近感を抱いてしまいました笑。

 

安田さんは、著作の中で「サラリーマンが合わず、起業するために会社にばれないようにこっそり準備していた」と書かれていました。

 

実際に、同じ職場で働いていたわけではないので何とも言えないですが、その当初の彼の様子が手に取るようにわかりました。

 

「大企業でこのまま定年まで勤めあげ、毎月の給料は保証されるかもしれないが、決して自分のやりたい仕事ばかりやれるわけではない。」という不安があったと思います。

 

私自身も、2017年3月に当時の勤務先から突然派遣切りの憂き目に遭ったことを機に、「会社は一生自分守ってくれるわけではない。だったら、この先の人生100年を生き抜くために、会社に頼らず自らの力で稼ぐ力を身に着けよう」と思っていました。

 

安田さんは著作の中で、「稼ぐ力=商品力×関係構築力×情報発信力」であるといっています。これに私は大変共感しました。

 

私の場合、既にツイッターという情報発信について人様にご指導をさせていただいているので、ある意味専門家と言えるでしょう。

 

しかし、自分では商品を持っておらず、人との関係構築というところもまだまだ足りないと考えています。

 

それが、「信用の器フラスコ」というプラットフォームを利用することにより身に着けることが可能ということであればということで、2月よりフラスコの正会員、さらに自身のオンラインサロンを設立を目指し、4月よりサークルモデル集中講座を受講を決意したのです。

 

『新しい起業のかたち』は、副業から起業を目指す者にとっての教科書のような本だ。

『新しい起業のかたち』は、副業から起業を目指す者にとっての教科書だ

そして、安田さんは2020年3月18日、『新しい起業のかたち』という本を出版されました。

 

私も、フラスコの会員として、ツイッター上でプロモーション活動をしております笑。

 

上の画像の通り、著者の安田さんのサイン入り本を手に取り、早速拝読してしました。

 

一言で申し上げると、『新しい起業のかたち』という本は、「サラリーマンが副業から起業を目指すのための教科書的な位置づけ」ということです。

 

私としては、当然この先は現在の副業状態から起業を目指しています。昨年は、地元の商工会議所主催の起業スクールに通ったほどです。

 

ただ、背水の陣を敷いて会社を辞めて起業するという選択肢は全くありません。コロナショックに直面している昨今であれば尚更のことです。

 

会社に籍を置きながら稼ぐ力を身に着け、会社からもらえる給料の2~3倍以上の収入を安定的に手に入れることができたら起業しようという目論見でした。その考えは今でも変わっていません。

 

そういった意味で、『新しい起業のかたち』に書かれている内容は私の思惑と合致したものでしたし、この本に書かれている通りのことを実践していけば、私の目標に近づけるのでないかと思いました。

 

ですので、私は『新しい起業のかたち』に書かれている内容が正しいものであるということを、今後の自分自身の行動と成果によって証明していきたいと思います。

 

まとめ

いかがでしょうか?

 

私は、2020年1月に安田さんのセミナーに参加し、2月に新宿のカフェで腹を割って話をさせていただきました。

 

その時すでに、彼と心中すると決めていました。変な意味ではないですよ笑。「信用の器フラスコ」という仕組みを作った彼を信じてついていこうということです。

 

既に人生100年時代、大副業時代に突入してます。終身雇用制度も、もはや崩壊しています。その上、コロナショックにより今後はますます雇用と待遇が不安定になってくるでしょう。

 

そうなると、サラリーマンの方が自衛のために、副業により来るべき時に備えて個人で稼ぐ力を身に着け、起業していくという選択肢が最もふさわしいのではないかと、私は個人的に思います。

 

そういったことに改めて気づかせてくれた、『新しい副業のかたち』、『新しい起業のかたち』という2冊の本は、私にとって「人生を激変させるほどの本」と言えます。

 

ですので、今後、副業で稼いで、起業に繋げたい方に、ぜひ『新しい副業のかたち』、『新しい起業のかたち』の2冊の本を読んでいただくことを、ぜひオススメします。

 

 

フルカワマリのプロフィールはこちら↓↓↓

 

にほんブログ村 ネットブログへ
にほんブログ村

 

Follow me!

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

ツイッター運用コンサルタント。正しい情報発信のあり方を伝える専門家。親切・丁寧な指導に定評あり。

かつて、ツイッター上でのトラブルにより、1000フォロワー目前だった以前のアカウントを消去する。

しかし、ツイッターの運用方法を改めて学んだ結果、その後再開設したアカウントにて、わずか2か月後に1000フォロワーを超え、以降1か月でフォロワーが約1000人ずつ増となる。

2018年12月より、自身の原体験に基づき、ツイッター運用コンサルタントとして活動を開始。

「1週間でフォロワーが100以上増えた」、「ツイッターから、自分が経営するヘッドスパサロンへの来店に繋がった」など、多数の素晴らしい成果を出された方々を輩出するまでとなる。

SNS上でのいじめや誹謗中傷をなくすべく、正しい情報リテラシー及びコミュニケーションの本質を伝えることを使命に、ツイッター運用コンサルタントとしての活動に従事している。


■メディア掲載実績:日経ウーマン2019年12月号、『THE GO-GIVER』公式サイト インタビュー記事

■ミッション:情報発信を通じ、一人一人が自由闊達に想いを伝え、違いを認め合う社会を創る。

■ビジョン:正しい情報リテラシーを身に着け、時代の変化に対応できる人材を輩出。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる