ウェルスダイナミクスとは何か?活用することのメリットと他の自己啓発教材との違いについて

ウエルスダイナミクスとは何か?活用することのメリットと他の自己啓発教材との違いについて

こんにちは!フルカワマリ(@mfparallel)です。

もしあなたが・・・

起業や副業、パラレルキャリアといった会社に頼らない生き方を考えているなら、

その前にまずやっておくべきことがあります。

目次

自分が何者であるか知るツールである、ウェルスダイナミクス

それは、「自分が何者であるか知る」ということです。

これはつまり、「自分が何に向いていて、どういった方面で力を発揮できるか」ということになります。

そのためのツールが、「ウェルスダイナミクス」なのです。

あなた自身の個性や才能を知ることにより、そのルールに沿って自己実現へ進めることで、より速く、よりストレス軽く達成可能とすることができるのです。

このことを、ウェルスダイナミクスでは「フロー」とも呼んでいます。

ウェルスダイナミクスには、「4つの周波数」「8つのプロファイル」という概念があります。

これらを知ることにより、ご自身の強みと弱みを明確に知ることができるのです。

まずは、「4つの周波数」について、詳しく見ていきたいと思います。

4つの周波数の特徴

4つの周波数とは、以下の通りです。

  • ダイナモ
  • ブレイズ
  • テンポ
  • スチール

これは、「春夏秋冬理論」や「陰陽五行」、「ユングの分析心理学」などをもとに考案されており、これまでの先代の知識や原則を結集して分類されているようです。

それでは、それぞれの周波数の特徴を紹介していきます。

ダイナモについて

季節に例えると「春」。

エネルギッシュでダイナミック。物事を始める能力に優れているが、やり遂げるのが苦手です。

ピンチの時はには、「何をすれば?」「何を作れば?」などの質問で切り抜けようとするタイプです。

ブレイズについて

季節に例えると「夏」。

情熱的で社交性に富み新しい人と付き合うことを得意とするが、目の前の事にとらわれ、注意散漫になることがあります。

ピンチの時は、「誰に聞けばいいだろう?」「誰を連れてくれば?」などの質問で切り抜けようとするタイプです。

テンポについて

季節に例えると「秋」。

思いやりがあり、チームプレイが得意。集団内における自分の役割を、責任を持って果たすが他人の指示を求める傾向があります。

ピンチの時は、「いつやるべきか?」「今なのか待つべきか?」「どこでやると効果的か?」などの質問で切り抜けようとするタイプです。

スチールについて

季節に例えると「冬」。

整然として、体系だっており、細部に気がつく。何かをやり遂げることが得意だが、新しいことを始めるのが苦手です。

ピンチの時は、「どうやって解決しよう?」「良いやり方は?」となどの質問で解決しようとするタイプです。

8つのプロファイルの特徴

以上の4つの周波数を知るだけでも、大方のご自身を知ることはできます。

しかし、ウェルスダイナミクスには、さらに詳細に分類される「プロファイル」という概念があります。

これは、有料のテストを受験していただくことで、知ることができます。

ここでは、各プロファイルの概要についてみていきたいと思います。

より良い製品を生み出す、クリエイター

クリエイターは何かを始めることに長けていますが、往々にして完成させることは苦手です。 クリエイターはダイナモの高いエネルギーを持ち、速い思考と想像力を使ってトラブルから抜け出します。彼らは自らの創造性を表現することでフローを作り出します。

独自のブランドを生み出す、スター

スターは優れたプロモーターで、ダイナモとブレイズのエネルギーを強く持っています。フットワークが軽く、会話の中心になることも多々あります。スターは自分だけではなく、他者までをも活気づけられるほど輝く力を持っています。

チームを率いる、サポーター

サポーターは優れた社交家で、パーティーではとても目立つ存在です。サポーターは強力なブレイズの周波数を持ち、他者を応援することに意識が向きます。彼らは楽しく価値のある冒険に出て、その過程で積極的に人をリードすることでフローを作り出します。

人と人を結びつける、ディールメーカー

ディールメーカーは強力なブレイズとテンポの周波数を持っており、とても現実的です。タイミングに関する強い感覚と強い忠誠心を持ち、常に他者を気遣います。みんなの利益のために人々とアイデアをつなげる時、ディールメーカーはフローを作り出すことができます。

安く買い、高く売る、トレーダー

トレーダーは世の中の動きに対してとても敏感です。強力なテンポ周波数の持ち主です。誰が誰を苛立たせ、どうすれば物事を平等に保つことができるかを知っています。本来静かな性格で、自分からはあまり積極的に話をしません。平和を保ち、時間を管理することでフローを作り出します。

価値が上がる資産を集める、アキュムレーター

アキュムレーターは優れたプロジェクトマネジャーであり、研究者気質です。強力なテンポとスチールの周波数を持ち、仕事に関しては慎重です。彼らには創造性をあまり期待しないほうが良いでしょう。彼らは既存のものを集め、整理することでフローを作り出します。

お金を生み出す権利を支配する、ロード

ロードは細かいことが得意です。強力なスチールのエネルギーの持ち主です。あまり主張する性格ではないですが、調べることや順序だって学ぶこと、そして考え抜かれた判断をすることが得意です。物事の細部に関わっている時、力を発揮します。

よりよいシステムを編み出す、メカニック

メカニックは完成させることに長けており、スチールとダイナモの周波数に満ち溢れています。メカニックは完璧主義者であるため、完成させるまでに時間がかかることがあります。既存のものを分解し、よりうまく組み立て直すことでフローを作り出します。

ウェルスダイナミクスを知る前と知った後での、考え方の変化について

上の画像は、私のプロファイル診断の結果です。

何だか、やたら尖がっていますが(笑)

この診断結果を見て、強みも弱みも全部ひっくるめて自分を如実に表していると驚いたのと同時に妙に納得したのを覚えています。

いま改めてみてみると、これはまさに私そのものだと改めて感じます。

それぐらい、自分のことを正確に表してるツールだなと思います。

思えば、私が生まれながらにして「ディールメーカー」であったとするならば、今まで一番結果を出してきた職種というのは、営業などの人と関わる職種でした。

これまで、他にも事務職やWEBデザインの職種にも従事してきましたが、まるでアクセルと同時にブレーキを踏んでいるかのように、全くもってダメダメでした。

今となっては納得いきますね!

事務職に必要な要素であるスチールの要素が4%、WEBデザインに必要なダイナモの要素が8%と、どれも10%以下ですから・・・。

では、ウェルスダイナミクスによって、私の場合でいうと10%以下であるスチールやダイナモの要素を、ブレイズやテンポのレベルを引き上げるためのものなのかというと、そうではありません。

逆に、私にとって数値が高いブレイズやテンポの要素をとことん活かし、フローに乗っていくところに、ウェルスダイナミクスを知る価値があるということなのです。

私が、今もなお自分本来のプロファイルを知らないままでいたらどうなっていたでしょうか?

おそらく、データ分析やゼロから何かを生み出すという、自分にとって最も苦手とするところを克服することに気を取られていたままでいたことでしょう。

そして、やがて疲弊してしまうといった結果に陥っていたかもしれません。

逆に、初対面の方と話をしたり、1対1で会話するということは、まるで息を吸って吐くかの如く苦もなくできてしまいます。

というか、大好きです!

特に、自分にとって好きだなと思う人と話をしていると、時間がたつのも忘れてしまうほどです(笑)

だから、私は自分本来のプロファイルを知ったことにより、生きるのがかなり楽になりました。

それで、より深く自分の才能を知り、活かすために、ウエルスダイナミクスプラクティショナーの資格を取得した次第です。

他の自己啓発教材との決定的な違いとは何か?

実は、私はウェルスダイナミクスを知る前、

「自分の人生をよりよくしたい!成功したい!!」

という気持ちがおそらく人一倍強く、

多くの自己啓発本を読み、高額な自己啓発セミナーや自己啓発教材に多額のお金を払ってきました。

その額は、総額で高級車が一台購入できる金額ではないかと思います。

確かに、それぐらい自分に投資したおかげで、その当時従事していたの営業の仕事において何度も表彰されるぐらいの実績を残すことができました。

もちろん、それに関わってくださったの方々の尽力もありました。

なので、一概に私一人の力だけではなかったと思っています。

「でも、何かが違う・・・。」

私は、そのような一抹の不安を拭い去ることはできませんでした。

それは何か?

「ある目標は達成したけれども、一方である別の目標は達成しない。」

というような矛盾が、私の中にありました。

その当時は、単純に私の力不足であると認識していたのですが、ウェルスダイナミクスのプロファイルテスト及びセッションを受け、その理由がわかりました。

それは、「他の自己啓発教材は、個人の才能及び特性を全く無視したつくりになっている。」ということです。

そして、それを教える講師も、受講生の特性を見向きもせず、「俺(私)の言う通りにすれば、必ず成功する。」という、無責任な教え方だったのです。

もちろん、どの教材もセミナーも本も、一貫した素晴らしい内容だと思います。

その教えが、今もなお私の中に役に立っている部分もあります。

また、その自己啓発教材で多方面で成功されてきた講師の方々も、尊敬しています。

実際に、一時期ある講師の方のカバン持ちのようなことをしていたこともあり、一番近い場所でその方から「成功の秘訣」というものを学ばせていただいたこともありました。

でも、その通りに実践できたかと言えば、できませんでした。

それは、その方だから出来た「成功の秘訣」なのであって、私にできるものではなかったのです。

いくら、「あなたならできる」と言われてもです。

逆に、そのように言われると、その通りできない自分に腹が立ち、逆に辛くなりました。

なぜなら、その方と私とでは全くタイプが違っていたのです。

そして、それぞれの才能を活かしたビジネスの築き方があることを伝えています。

それが、ウェルスダイナミクスと他の自己啓発教材との決定的な違いです。

なので、私はウェルスダイナミクスのプロファイルテストとセッションを受けて、本当に良かったと思いました。

そうでなければ、今もなお理想と現実の間でもがき苦しみ、自分に自信を無くしていたと思います。

ウェルスダイナミクスを活用することのメリット

以上のように、ウェルスダイナミクスを活用することで、こんなメリットがあります。

    • 自分の才能に最適な道を知ることができる
    • その最適な道を進んでいくためのステップが具体的に分かる
    • プロファイルの違いを知ることにより、他者を受け入れることができるようになるため、コミュニケーションが楽になる

また、ウェルスダイナミクスは、ビジネスだけでなくコミュケーションやチームビルディングにも役に立ちます。

なぜなら、例えば私が得意とするコミュニケーションが苦手な人もいれば、その一方でデータ分析やゼロから何かを生み出すということを得意とする人がいます。

なので、そういったもの同士がチームを組んで、強みと弱みを相互補完しあっていくこともできるからです。

それには、まずご自身のプロファイルを正確に知るということが前提です。

まとめ

ウェルスダイナミクスプラクティショナー資格

いかがでしょうか?

私は、ウェルスダイナミクスについてさらに理解不をカメたいと思い、2017年11月にウェルスダイナミクスプラクティショナーの資格を取得しました。

繰り返しになりますが、ご自身が以上8つのどのプロファイルに当てはまるのかを知るだけで、自分自身を深く知ることができ、今後の人生成功のために取るべき行動や戦略が明確になるのです。

ご自身の強みと弱みを知らずして、起業や副業、パラレルキャリアの道を歩むのは、危険であるし、無謀です。

ですから、ぜひプロファイルテストを受験して、ご自身のプロファイルを知り、才能の活かし方を知った上で、そのような会社に頼らない働き方をしていただくことをオススメします!

そこで、このブログの読者の方限定で、プロファイルテスト受講料13,000円に特別セッションをサービスします。

ご興味のある方は、下記お問い合わせフォームにてご連絡をお待ちしております。

■フルカワマリのプロフィールはこちら↓↓↓

Follow me!

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

この記事を書いた人

ツイッター運用コンサルタント。正しい情報発信のあり方を伝える専門家。親切・丁寧な指導に定評あり。

かつて、ツイッター上でのトラブルにより精神を病み、1000フォロワー目前だった以前のアカウントを消去する。

しかし、ツイッターの運用方法を改めて学んだ結果、その後再開設したアカウントにて、わずか2か月後に1000フォロワーを超え、以降1か月でフォロワーが約1000人ずつ増となる。

そして、そのような自身の原体験に基づき、2018年12月よりツイッター運用コンサルタントとして活動を開始。、「1週間でフォロワーが100以上増えた」、「ツイッターから、自分が経営するヘッドスパサロンへの来店に繋がった」など、多数の素晴らしい成果を出された方々を輩出するまでとなる。

SNS上でのいじめや誹謗中傷をなくすべく、正しい情報リテラシー及びコミュニケーションの本質を伝えることを使命に、ツイッター運用コンサルタントとしての活動に従事している。


■メディア掲載実績:日経ウーマン2019年12月号、『THE GO-GIVER』公式サイト インタビュー記事

■ミッション:情報発信を通じ、一人一人が自由闊達に想いを伝え、違いを認め合う社会を創る。

■ビジョン:正しい情報リテラシーを身に着け、時代の変化に対応できる人材を輩出。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる