【解説】私がツイッターを3年間継続できた3つの理由とは?

私がツイッターを2年間継続できた3つの理由とは?

ツイッター運用コンサルタントの古川真理(@mfparallel)です。

私事ですが、2021年8月15日に私のツイッターアカウントについて、12000名様にフォローして頂きました。心よりお礼申し上げます。

目次

私がツイッターを3年間継続できた3つの理由について

今の私のアカウントは、開設してから今年でちょうど3年になります。その間様々なことがありましたが、それでも、これまで毎日欠かさずツイッターで発信をし続けてきました。

ツイッターを伸ばす上で最も大事なことは、「継続」です。

とはいえ、1年後には9割の方がツイッターを辞めるというデータにあるほど、ツイッターを継続するのは口で言うほど簡単ではないというのも事実です。

そこで、今回の記事では、私がツイッターを3年間継続できた3つの理由についてお伝えします。

単純に楽しかった

一口に「継続は力なり」というけれど、私個人の持論として、「何事も楽しくなければ継続できない」と思っています。

もし私が、嫌々ながら強いられながら、ツイッターで情報発信していたとしたら、当の昔にツイッターを辞めていたと思います。

そのような私が、なぜこの3年間毎日ツイッターで情報発信を継続ができたかというと、ツイッターを通して多くの方と交流ができたことが単純に楽しかったからです。

リアルの出会いだけでは実現しなかった、ツイッターを通しての人間関係の広がりが私にとってはとても楽しく、自分の世界を広げるのに十分でした。

アカウントの成長がモチベーションアップに繋がった

ツイッターで情報発信とフォロワーさんとの交流を繰り返していた結果、フォローして下さる方が見る見るうちに増え、今のアカウントを開設してから1年4か月で10000人の方にフォローして頂き、そして、2021年8月15日に12000人の方がフォローしてくださいました。

また、「いつもツイートを参考にさせて頂いています」「ツイートを見て共感しています」という、フォロワーの方々のお言葉も、大変励みになりました。

このように、やればやるだけ成果が上がっていき、フォロワーさんから共感して頂けていることが、モチベーションとなり、今もなお、ツイッターを継続することができています。

情報発信は仕事という意識を持っていた

私が3年間毎日情報発信を継続できた三つの理由は、今やツイッターのコンサルや講師といった仕事をさせて頂けるようになったため、もはや情報発信そのものが仕事と化してしまったからです。

仕事としてやるからには、誰よりもまず自分がやらないことには説得力がありません。

情報発信に限らず、それがプロというものではないでしょうか。この意識は忘れずにいたいですね。

まとめ

いかがでしょうか。私が3年間毎日欠かさずツイッターで情報発信を継続できた3つの理由についてお伝えしました。

一言でまとめると、「楽しみながらツイッターを継続した」から、12000人の方にフォローして頂けるようなアカウントとなったわけです。

私はこれこそがツイッターのフォロワーが増えるたった一つのコツだと思っています。

とはいえ、上記ツイートにある通り、12000人の方がフォローして下さったとしても、劇的に何かが変わるわけではありません。これからも今までと変わらず継続していくのみです。

改めまして、私のアカウントをフォローして下さった皆様、心からお礼申し上げます。今後とも、どうぞよろしくお願いいたします。

■関連記事

 

■私自身が3年間毎日欠かさず情報発信を行ってきたことによって得られた、ツイッターのノウハウを包み隠さずお伝えします!

Follow me!

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

ツイッター運用コンサルタント。正しい情報発信のあり方を伝える専門家。親切・丁寧な指導に定評あり。

かつて、ツイッター上でのトラブルにより、1000フォロワー目前だった以前のアカウントを消去する。

しかし、ツイッターの運用方法を改めて学んだ結果、その後再開設したアカウントにて、わずか2か月後に1000フォロワーを超え、以降1か月でフォロワーが約1000人ずつ増となる。

2018年12月より、自身の原体験に基づき、ツイッター運用コンサルタントとして活動を開始。

「1週間でフォロワーが100以上増えた」、「ツイッターから、自分が経営するヘッドスパサロンへの来店に繋がった」など、多数の素晴らしい成果を出された方々を輩出するまでとなる。

SNS上でのいじめや誹謗中傷をなくすべく、正しい情報リテラシー及びコミュニケーションの本質を伝えることを使命に、ツイッター運用コンサルタントとしての活動に従事している。


■メディア掲載実績:日経ウーマン2019年12月号、『THE GO-GIVER』公式サイト インタビュー記事

■ミッション:情報発信を通じ、一人一人が自由闊達に想いを伝え、違いを認め合う社会を創る。

■ビジョン:正しい情報リテラシーを身に着け、時代の変化に対応できる人材を輩出。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる