【考察】企業がツイッターアカウントを運用することによる、3つの効果と課題とは?

【考察】企業がツイッターアカウントを運用することによる、3つの効果と課題とは?

「ツイッターをやる意味はあるの?」
「ツイッターなんて面倒くさい」

そのように思われている経営者の方に、お伝えしたいことがあります。

目次

企業がツイッター公式アカウントを運用することによって得られる3つの効果

企業がツイッターをやる意味というのは、こちらの記事に記載している通り、「知名度を上げるため」です。

どんなに、良い商品やサービスを開発したとしても、知ってもらわないことには誰からも手に取ってもらえません。

 

では、ツイッターで企業の情報発信をすることによって、どのような効果があるのでしょうか?その3つの効果について、以下の通りお伝えします。

売上が上がる

ツイッターが、他のSNSに比べて最も優れているのは、リツイートと言われる爆発的な拡散力です。

ツイートが拡散(リツイート)されると、必要としているとことに情報が届く可能性が大いにあります。

それにより、ひいては購買や申し込みといったアクションに繋がるのです。ですので、ツイッターで、自社の商品やサービスの情報を発信するということは、広告を出稿するのと同じ効果が見込めるといっても過言ではありません。しかも、費用は掛かりません。

無料で自社の情報を発信できるなら、ツイッターをやらない手はないですよね。

自社のファンを増やせる

ツイッターが、ネット広告と異なる点は、ユーザーとコミュニケーションが取れるということです。

つまり、一方通行ではなく、双方向のコミュニケーションが可能ということです。そういった意味で、ツイッターは企業とユーザーの懸け橋と言っても過言ではありません。

コツコツと発信していくと、共感したユーザーとの関係が濃くなり、ファンとなり、ひいてはお客様になっていくわけです。この点は、広告にはないツイッターの利点ですね。

自社に合った人材を採用できる

近年、ツイッターを用いた採用が一般化しつつあります。採用アカウントを運用することにより、候補者向けの情報発信ができ、社風や業務の様子を伝えることが可能です。

そうすると、採用側、応募者双方共、入社後の齟齬が少なくなります。また、採用時に候補者に御社のツイッターアカウントをフォローしてもらうことにより、候補者のツイートをチェックし人間性の調査として活用することができます。

それにより、御社の求める人材かどうかをあらかじめ把握することが可能になるわけです。

大手求人媒体サイトに掲載するには、一般的に、3か月で100万円程かかると言われています。ツイッターでは無料で発信できますので、効率的ですね。

企業がツイッター公式アカウントを運用していく上での3つの課題

とはいえ、企業がツイッターを運用していくのは、簡単なことではありません。とりあえず、アカウントを運用してみたものの、冒頭に記載した通り、「ツイッターなんて面倒くさい」と思われ、やめてしまうのがほとんどです。

その3つの理由について、以下の通りお伝えします。

時間がかかる

どんなに情報を多く発信しても、上記3つのようなツイッターの運用がもたらす3つの効果は、すぐに出てくるものではありません。概して、半年~1年程どかかるものです。「ツイッターをやる意味がない」というのは、まさにこれが理由なのかもしれません。

続かない

企業のツイッター担当者は、基本的には他の仕事と掛け持ちしながら行っています。ですので、絶対的に時間が足りないわけです。他の仕事が立て込んでしまうと、ツイッターの運用が後回しになってしまい、結局は続かなくなってしまいます。

わからない

企業のツイッター担当者は、最初からツイッターを使いこなしているわけではありません。初心者であるのにも関わらず、仕方なく担当することになった方も、実際多いです。そうすると、退職に踏み切るほど、仕事自体が重荷になってしまうわけです。

まとめ

いかがでしょうか?企業のツイッター運用による効果と課題についてお伝えしました。

決して楽ではありませんが、正しい運用方法でツイッターを継続していくと、目に見えて効果が実感できてくるものです。

というわけで、企業様向けに2021年8月25日に、すぐに簡単にできるツイッター運用方法をお伝えします。効果的にツイッターを運用されたい企業様のお申込みをお待ちしております。

■詳細及び申し込みはこちら

Follow me!

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

ツイッター運用コンサルタント。正しい情報発信のあり方を伝える専門家。親切・丁寧な指導に定評あり。

かつて、ツイッター上でのトラブルにより、1000フォロワー目前だった以前のアカウントを消去する。

しかし、ツイッターの運用方法を改めて学んだ結果、その後再開設したアカウントにて、わずか2か月後に1000フォロワーを超え、以降1か月でフォロワーが約1000人ずつ増となる。

2018年12月より、自身の原体験に基づき、ツイッター運用コンサルタントとして活動を開始。

「1週間でフォロワーが100以上増えた」、「ツイッターから、自分が経営するヘッドスパサロンへの来店に繋がった」など、多数の素晴らしい成果を出された方々を輩出するまでとなる。

SNS上でのいじめや誹謗中傷をなくすべく、正しい情報リテラシー及びコミュニケーションの本質を伝えることを使命に、ツイッター運用コンサルタントとしての活動に従事している。


■メディア掲載実績:日経ウーマン2019年12月号、『THE GO-GIVER』公式サイト インタビュー記事

■ミッション:情報発信を通じ、一人一人が自由闊達に想いを伝え、違いを認め合う社会を創る。

■ビジョン:正しい情報リテラシーを身に着け、時代の変化に対応できる人材を輩出。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる