【セミナー講師及びイベント主催者の方へ】申し込みが入るツイッターの活用方法とは?

こんにちは!ツイッター運用コンサルタントのフルマリ(@mfparallel)です。

「ストアカで先生の講座に興味を持ち、ツイッターをフォローさせていただきました。いつも、読んでいて元気が出るようなツイートをされているので、ますます受講してみたいと感じました!」

と、私が開催するセミナーにお申込み下さった方から、このようなお言葉をいただきました。このようなお言葉をいただいて、私は思わず涙を流してしまいました。

目次

セミナー・イベント集客における意識調査の結果

先日、ツイッター上でにて、以下のようなアンケートを行いました。

アンケート期間は2021年1月25日から28日の3日間、24名の方にご回答いただきました。

このアンケート結果について、実は私自身ある程度予想していたことでした。ただ、裏を取ってみたいと思い、実施してみた次第です。

私自身の経験から言って、自分のセミナーやイベントには、やはりSNSで紹介するよりも、なんだかんだ言って直接お声がけした方が参加申し込みが入る確率が高いです。

また、私はストアカでもある程度の実績のある講師と認定されていますので、ストアカ経由でも申し込みが入ります。またイベント集客サイトのPeatixで集客されている方もいらっしゃると聞いています。

それでも、アンケート結果にもある通り、セミナーやイベントの告知のために、約30%ほどの方がツイッターで行っているということです。

果たして、ツイッターでセミナーやイベントの集客ができるのか?

これは、前回記事に書いた通りですね。結論から言って可能です。この記事の冒頭の個所が良い例ですよね(笑)

「ストアカで先生の講座に興味を持ち、ツイッターをフォローさせていただきました。いつも、読んでいて元気が出るようなツイートをされているので、ますます受講してみたいと感じました!」

私は、この日ほどセミナー講師、そしてツイッターをやって良かったと思った日はありませんでした。

この方は、私の日々の発信内容を読んでくださって、共感したからこそセミナーにお申し込み下さったのです。

これは、実際に受講いただいた時にもお伺いしたので間違いありません。

よくツイッターでの集客というと、自身のセミナーやイベントの告知を繰り返すことを連想される方がいらっしゃいます。しかし、結局は失敗に終わることが多いのではないでしょうか?

それもそのはずです。というのは、ツイッターをはじめとするSNSにおいて、宣伝ばかりの発信では、フォロワー解除されたり、非表示されたりなど、かえって逆効果になってしまうからです。

前回記事に記載した通り、ツイッターをはじめとするSNSは、本来は人と人とのコミュニケーションツールであり、集客のツールではありません。

リアルの人間関係においても、出会ったばかりなのにもかかわらず、自分の商品やサービスの売り込みをかけてくる方がいらっしゃいますよね。それと同じことをツイッターでもおやりになられている方が未だに散見されます。


私は、2018年10月から本気でツイッターに取り組んできましたが、売り込みはほとんど行ってきませんでした。たまにセミナーやイベントの告知をするくらいです。それでも、今回セミナーにお申込みいただいた方のように、セミナーコンテンツはもちろん、ツイッターでの私の発信内容に共感した方がセミナーに申し込まれるわけです。

セミナーや申込みが入るツイッターの活用方法とは?

では、セミナーやイベントを主催されている方が、どのようにツイッターを活用していけばよいかについて、私の経験談をもとに以下の通り記載します。

ツイッター上で、セミナーやイベントに関係することを発信する

これは当たり前といえば当たり前なのですが、意外にもそのようにされていない方もいらっしゃいます。

もちろん、集客を度外視してツイッターを楽しむだけであれば全く問題ないと思います。しかし、ツイッターを集客に活用されたいのであれば、非常にもったいないことです。

もし、あなたがセミナー講師であるならば、あなたが教えている内容に関することを発信を繰り返していくうちに、その分野の専門家としてツイッター上で認知されるものです。

これをザイオンス効果といいます。

そうやってあなたに対する信頼性が高まり、ひいてはツイッターからあなたのセミナーやイベントにお申込みが入るというわけです。

あなたの人柄や考え、日常のことを伝える

とはいえ、矛盾するようですが、セミナー内容に関するものばかりだけだと飽きられてしまいます。

ですので、人柄や考え、日常のことといった、あなた自身に関する発信も必要です。なぜならば、そういった発信によって、人はあなたに親近感を抱くからです。

今回、私のセミナーに申し込んでくださった方も、私の思いや日常のツイートをお読みになられて共感して下さり、私のツイッターをフォローし、そして私のセミナーにお申込み下さったわけです。これも、ザイオンス効果によるものでしょう。

つまり、何度もツイッターでの繰り返すことによって、私に対する好感度や評価などがだんだん高まっていったということです。

まとめ

ここでまとめると、セミナーやイベント集客のための発信内容とは、以下の2つです。

  1. セミナーやイベントに関係すること
  2. あなたの人柄や考え、日常のこと

発信の割合としては、「セミナーやイベントに関係すること」が2割、「あなたの人柄や考え、日常のこと」が8割が望ましいと、私はかつて教わりました。

厳密にというわけではないですが、私は今でもこの割合をキープしながらツイッターで発信をしています。それで、共感して下さる方は、今回のお方のように私のセミナーを申し込まれるなど、ツイッターから集客に繋げています。

そこで、セミナーやイベントを主催される皆様に、このような私の経験と実践が少しでもお役に立てればという想いから、今回こちらのセミナーを初開催させていただきます。

■2/20(土)13:00~15::00開催

■2/25(木)19:00~21:00開催

コンテンツについてはこれから詰めていくところですが、上記の内容を深く掘り下げてお伝えする予定です。

もちろん、ツイッターは決して万能なツールではないということは、重々承知しています。

前述の通り、何だかんだ言って直接のお声がけの方が、セミナーやイベントの集客効果が高いということは、私自身も実感しています。

しかし、ご存知の通りツイッターは基本的に無料で利用可能です。よって、誰でも簡単に始めることができます。ですので、無料で利用できる方法の一つとして、捉えて頂ければ幸いです。

緊急事態宣言もあと1か月程延長になる見込みと報道されていますので、オンライン(Zoom)にて開催します。皆様にお会いできることを楽しみにしています。

Follow me!

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

ツイッター運用コンサルタント。正しい情報発信のあり方を伝える専門家。親切・丁寧な指導に定評あり。

かつて、ツイッター上でのトラブルにより、1000フォロワー目前だった以前のアカウントを消去する。

しかし、ツイッターの運用方法を改めて学んだ結果、その後再開設したアカウントにて、わずか2か月後に1000フォロワーを超え、以降1か月でフォロワーが約1000人ずつ増となる。

2018年12月より、自身の原体験に基づき、ツイッター運用コンサルタントとして活動を開始。

「1週間でフォロワーが100以上増えた」、「ツイッターから、自分が経営するヘッドスパサロンへの来店に繋がった」など、多数の素晴らしい成果を出された方々を輩出するまでとなる。

SNS上でのいじめや誹謗中傷をなくすべく、正しい情報リテラシー及びコミュニケーションの本質を伝えることを使命に、ツイッター運用コンサルタントとしての活動に従事している。


■メディア掲載実績:日経ウーマン2019年12月号、『THE GO-GIVER』公式サイト インタビュー記事

■ミッション:情報発信を通じ、一人一人が自由闊達に想いを伝え、違いを認め合う社会を創る。

■ビジョン:正しい情報リテラシーを身に着け、時代の変化に対応できる人材を輩出。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる