【解説】ツイッターでの3つのセールスステップとは何か?

【解説】ツイッターでの3つのセールスステップとは何か?

ツイッター運用コンサルタントの古川真理(@mfparallel)です。

多くの方が、集客目的でツイッターを始めようとします。しかし、全くうまくいかずに辞めていかれる方がほとんどです。それは、なぜでしょうか?

目次

ツイッターでのセールスがうまくいかないたった一つの理由とは?

先日、私のツイッターアカウントをフォローして下さった一人の方がいらっしゃいました。ツイートやプロフィールを拝見する限り、特に怪しさを感じなかったので、フォロー返しを行いました。すると、その途端にDM(ダイレクトメッセージ)にて、私に対し、ご自身が取り扱う商材の売り込みをかけてこられたのです。私は少々面喰いつつ、次のように返信しました。

ご案内ありがとうございます。ツイッター上でご契約された方は、どれぐらいいらっしゃるんですか?ツイッターだと、営業活動は結構苦戦すると思いますけど、頑張って下さいね。私はツイッターの講師をしていますので、ツイッターでお困りでしたら、相談に乗ります。

そうしたところ、「ツイッターで困っていることはないのですが、契約が取れないので困っています」とおっしゃるのです。

私は予想通りだと思いました。いや、契約どころか、ツイッターもうまくいっていないとすら感じたのです。なぜならば、その方のプロフィールやツイート自体は怪しさはないのですが、フォロワーが3桁程度で、いいねやリツイートなどの反応が皆無に等しい状態でした。

私は老婆心ながら、この調子では長くても3か月程でその方はツイッターを辞めてしまうのではないかと思ったのです。

ツイッターとは、セールスのツールではなくコミュニケーションのツールである

このことはツイッターという世界の出来事ではありますが、リアルの人間に置き換えてみるといかがでしょうか?

知り合ったばかりなのにもかかわらず、いきなり交際を迫られたり、売り込みをかけられると、どのように感じられますか?

おそらく、大多数の方が敬遠してしまうと思います。それと全く同じことです。

つまり、ツイッターで相互フォローになったばかりなのにもかからわず、いきなりセールスのDMを送り付けるという行為は、迷惑行為以外の何物でもないというわけです。

そのような行為をされてしまうと、人によってはその方のアカウントをブロックしたり、通報したりするかもしれません。そうなってしまうと、ツイッターでセールスどころか、アカウントの運用自体も難しくなってしまいます。

そもそも、これまで何度も申し上げている通り、ツイッターとはセールスをするためのツールではなく、コミュニケーションツールです。

ですので、ツイッターでセールスを行おうという行為自体が間違っているわけです。このことが、ツイッターでのセールスがうまくいかないたった一つの理由です。

ツイッターにおいての3つのセールスプロセスとは?

とはいえ、今からお伝えする3つの段階を踏んでいけば、結果的にツイッターからセールスに結びつけることは可能です。以下の通りお伝えします。

専門家であることをアピール

リアルのセールスの場面でも、いきなり成約するということはないと思います。製品やサービスはもちろん、セールスパーソンや会社が信頼に値するかが成約の決め手のひとつとなることでしょう。

ツイッターにおいても同じことが言えます。つまり、あなたがツイッター上で信頼に値する人物なのかどうかが鍵となります。

ですので、まず第一に「あなたが扱う商品やサービスについて、その道の専門家であること」を日々発信していくことが大事です。

そうすることで、ツイッターにおいてあなたの信頼性が高まっていくのです。

フォロワーの関心を惹く

とはいえ、一方的な発信だけでは、誰からも何も反応のないもまま終わってしまうことでしょう。

ですので、二番目は「フォロワーの関心を惹く」ことです。

これはフォロワーに媚を売るというわけではありません。「自分の伝えたいこと」と「フォロワーが求めていることの一致を見つけ、そこにフォーカスして発信していく」ということです。

例えば、あなたが異性にモテるための秘訣をお伝えしているとしましょう。だとしたら、具体的なペルソナ(商品やサービスの需要なモデル)を決め、その方に対し、求めているであろう情報を語り掛けるように発信するということです。

そうすると、あなたのツイートに共感した人が反応し、その方々がひいてはファンとなり、関係性構築に繋がっていくのです。

継続する

そして、三つめは「継続する」ことです。

仕事のためにツイッターを始められる方は、最初は張り切って数多くツイートするものです。しかし、フォロワーが増えなかったり、ツイートに反応がなかったりすると、心が折れてしまい、ツイートをしなくなってしまう方が多いです。そうすると、セールスどころかアカウント自体も伸びていきません。

何事もそうですが、ツイッターにおいても浮き沈みがあります。ですので、良い時も悪い時も、コツコツと発信し続けることが大事です。そうするところに、あなたがツイッター上で信頼され、アカウントも伸び、ひいてはセールスの成約に繋がっていくのです。

まとめ

いかがでしょうか。ツイッター上での3つのセールスステップについてお伝えしました。

ツイッターの向こうには人がいます。いついかなる時も、このことを忘れずに、ツイッターで発信をしていきましょう。

ツイッターで信頼構築を行うことが、セールス成功の上で大事なことです。あなたの成功を心よりお祈りします。

■関連記事

■ツイッターをビジネスに活かす講座を開催します。

・2021年08月10日 (火) 19:00〜 21:00

・2021年08月21日 (土) 13:00〜 15:00

※ツイッターサロン『冒険の書』にご加入いただくと、上記の講座をはじめ、開催講座に関し、すべて無料でご受講いただけます。(その他特典あり)

Follow me!

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

ツイッター運用コンサルタント。正しい情報発信のあり方を伝える専門家。親切・丁寧な指導に定評あり。

かつて、ツイッター上でのトラブルにより、1000フォロワー目前だった以前のアカウントを消去する。

しかし、ツイッターの運用方法を改めて学んだ結果、その後再開設したアカウントにて、わずか2か月後に1000フォロワーを超え、以降1か月でフォロワーが約1000人ずつ増となる。

2018年12月より、自身の原体験に基づき、ツイッター運用コンサルタントとして活動を開始。

「1週間でフォロワーが100以上増えた」、「ツイッターから、自分が経営するヘッドスパサロンへの来店に繋がった」など、多数の素晴らしい成果を出された方々を輩出するまでとなる。

SNS上でのいじめや誹謗中傷をなくすべく、正しい情報リテラシー及びコミュニケーションの本質を伝えることを使命に、ツイッター運用コンサルタントとしての活動に従事している。


■メディア掲載実績:日経ウーマン2019年12月号、『THE GO-GIVER』公式サイト インタビュー記事

■ミッション:情報発信を通じ、一人一人が自由闊達に想いを伝え、違いを認め合う社会を創る。

■ビジョン:正しい情報リテラシーを身に着け、時代の変化に対応できる人材を輩出。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる