データでみる、最も多いツイッターの年齢別利用層とは?

ツイッター運用コンサルタントのフルカワマリ(@mfparallel)です。

 

さて、今日のテーマは、「ツイッターの年齢層について」です。

 

こちらの記事に記載の通り、ツイッターのユーザー層は10代~20代がメインと言われています。しかし、別のデータによると違う結果が出てきたのです。

 

目次

ツイッター利用層の年齢別のトップは、実は40代だった。

ツイッター利用層の年齢別のトップは、実は40代だった。

(出典:ガイアックスソーシャルメディアラボ)

 

上の図は、株式会社ジャストシステム様によるデータです。

 

これを見ると、ツイッターの年齢別ユーザー数は、40代が20代を若干上回っています。それに続き、50~60代といった層も比較的多くの方が利用していることがわかります。

 

私は、この結果について決して意外ではないと思っていました。

 

なぜならば、これまで私がツイッターのコンサルをさせていただいた方々の半数近くの方が、40代前後の方が多いという印象でした。

 

そして、今私自身が日頃ツイッターのタイムラインで見かける方も、40代の方が多い気がします。

 

そんな私も、実は40代です笑。この間日経ウーマンを読んでいただいた方々なら、実年齢はお分かりですよね笑。

 

40代といえば団塊ジュニア世代です。そもそもの人口が多いというのも、この結果に反映しているかもしれません。

 

もし、集客として考えるならば、40代向けの打ち手を考えるというのもありですね。

 

年齢関係なく、ツイッターを楽しみましょう!

 

昨年の夏頃、「30過ぎてツイッターやってるのは引く。Facebookでもやってろ!」というようなツイートが炎上しました。

 

当該ツイートは巡りに巡って私のところにも拡散され、「私は40代で、ツイッターの指導をしています。」と大人気なく引用ツイートをしたのを覚えています笑。

 

個人的には、ツイッターもSNSも年齢は特に関係ないと思っています。

 

ツイッターのメインユーザー年齢層が20代だからといって、それ以外の年齢層の方々がやってはいけない理由なんてどこにもないわけです。

 

また、40代が多いからといって、40代だけで固まって交流する必要もないわけです。

 

むしろ、ツイッター上で世代が異なる方と交流することは素晴らしいことだと思います。なので、年齢関係なくどんどんツイッターを楽しんでいったもの勝ちですね!

 

まとめ

まとめ

 

いかがでしょうか?

 

ツイッターも、FacebookもインスタグラムもTikTocもLINEも、それぞれ一長一短があります。

 

それぞれのSNSの特徴を上手く組み合わせて利用するというスタンスで良いと思います。

 

また、最も嗜好の合うSNSを選択し、1つのSNSだけを楽しむということもアリでしょう。

 

ツイッターを始めとするSNSは、そもそも人と人が繋がり楽しむためのツールです。ですので、お互いの違いや価値観を認め、年齢関係なしに楽しんでいきましょう!

■ツイッター運用コンサルの詳細記事はこちら↓↓↓

 

■ツイッター運用コンサルの詳細記事はこちら↓↓↓

 

にほんブログ村 ネットブログ Twitterへ
にほんブログ村

 

Follow me!

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

ツイッター運用コンサルタント。正しい情報発信のあり方を伝える専門家。親切・丁寧な指導に定評あり。

かつて、ツイッター上でのトラブルにより、1000フォロワー目前だった以前のアカウントを消去する。

しかし、ツイッターの運用方法を改めて学んだ結果、その後再開設したアカウントにて、わずか2か月後に1000フォロワーを超え、以降1か月でフォロワーが約1000人ずつ増となる。

2018年12月より、自身の原体験に基づき、ツイッター運用コンサルタントとして活動を開始。

「1週間でフォロワーが100以上増えた」、「ツイッターから、自分が経営するヘッドスパサロンへの来店に繋がった」など、多数の素晴らしい成果を出された方々を輩出するまでとなる。

SNS上でのいじめや誹謗中傷をなくすべく、正しい情報リテラシー及びコミュニケーションの本質を伝えることを使命に、ツイッター運用コンサルタントとしての活動に従事している。


■メディア掲載実績:日経ウーマン2019年12月号、『THE GO-GIVER』公式サイト インタビュー記事

■ミッション:情報発信を通じ、一人一人が自由闊達に想いを伝え、違いを認め合う社会を創る。

■ビジョン:正しい情報リテラシーを身に着け、時代の変化に対応できる人材を輩出。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる